Dragon Ashが主催する盟友たちとの対バンライブ『UNITED FRONT 2020』が、12月29日(火)にZepp Haneda(TOKYO)で開催された。以下レポートを公開する。

「音楽にもみなさんにも、明るい未来がありますように」。5人体制となったDragon Ashが、同時配信も行った対バンツアーをZepp Hanedaで開催

5人体制となって新たなスタートを切ったDragon Ashが主宰する、盟友たちとの対バン・ツアー『UNITED FRONT 2020』。2018年の立ち上げ以来2年ぶりとなる今回の『UNITED FRONT』は仙台、東京の2公演のみとなったが、仙台公演にはSiM、同時配信も行われた12月29日(火)の東京公演にはMONOEYESが登場し、それぞれ熱いステージを繰り広げた。

東京公演のステージに最初に登場したのはMONOEYESだ。ギター&ボーカルの細美武士と、ベース&ボーカルのスコット・マーフィーとのツインボーカル、バンドが奏でる美しい轟音に合わせ、オーディエンスたちは両手を高く上げて身体を揺らしている。「Roxette」演奏後、「ニューアルバム(『Between the Black and Gray』)の曲をバンドセットで爆音で皆んなの前で演奏するのは今日が初めて。だからテンションが上がってます」と細美が言う。さらに、自分たちのファンの中にもいる医療関係者などのエッセンシャルワーカーに向けて、「俺たちはあなた方のことは絶対に忘れてません。ここからクラスターを出さないようにがんばりますから、今日はステージの上の俺らが浮かれることだけ許してください」と続ける。そんな細美の言葉で始まったのは、「Get Up」。失意や孤独や絶望の中でも生きろ、起き上がれと奮い立たせる歌がまっすぐ心に突き刺さる。この日のMONOEYESは、ニューアルバム『Between the Black and Gray』からの新曲をふんだんに披露。対バンライブとしては異例の新曲満載のセットリストで攻め続けた。
MONOEYS  Photo by 石井麻木

MONOEYS  Photo by 石井麻木

ステージ転換の合間には、12月18日(金)に開催された『UNITED FRONT 2020』@仙台GIGSに出演したSiMのライブ映像がダイジェストで配信された。アグレッシヴな演奏の合間、ボーカルのMAHの本音がライブをさらに盛り上げる

「ライブで声を出せない、暴れられないという今の環境に、絶対に! 慣れないでください。ロックは好き勝手に歌って楽しむ音楽だと俺は思うんです。ライブでモヤモヤを発散したい、暴れたいというみんなの気持ち……その火を絶やさずに燃やし続けて元に戻れる日を待ちましょう!」

4年ぶりの5thアルバム『THANK GOD, THERE ARE HUNDREDS OF WAYS TO KiLL ENEMiES』からの新曲「BASEBALL BAT」の他、キラーチューン「BLAH BLAH BLAH」、「f.a.i.t.h」という、3曲のみとは思えない濃密なダイジェスト配信となった。

ディストーションとEDMの高揚感が混在するUNITED FRONTのテーマ曲が響いた後はDragon Ashだ。HIROKI、BOTS、T$UYO$HI、櫻井誠、そしてKj。5人組となったDragon Ashにとって今回が初のツアーとなる。
Dragon Ash  Photo by TAKAHIRO TAKINAMI

Dragon Ash  Photo by TAKAHIRO TAKINAMI

「できないことを嘆いていても前に進んでいかない。俺たちは今できることを喜んで表現しようと思ってます。2020年最後のライブです。よろしくお願いします」

柔らかなオレンジの光の中、Kjの言葉に続いて始まったのは、「光りの街」。静と動が共存する希望の歌に、頭上に高く掲げたハンドクラップで応えるオーディエンス。だが、ライブモンスター、Dragon Ashの本領はここからだ。DAスタイルのライブマナーを宣言する「Mix it Up」、歓喜の曲「Ode to Joy」と立て続けに披露し、歓声もモッシュも禁じられたフロアを「頭なら振れるだろ⁈」と容赦なく煽る。

「Dragon Ashに対しての創作欲求って、満員のライブハウスのステージでみんなに披露する、その曲でみんながむちゃくちゃになるっていう着地点しかなくて。そのために曲を作ってるので、今の状況だと何のために曲書くのかも正直よくわからない。そんな中、今年めちゃくちゃかっこいいアルバムを出したSiMとMONOEYESという2バンドと、限られた人数のみなさんと一緒にライブハウスに立てたことを嬉しく思います」

「ダイアログ」を演奏する前、フロアに向かってそう告げたKj。多分それは、悲しみの底でもショーを続けると宣言したDAの命題曲「The Show Must Go On」の演奏中、「お願いします、ライブやらせてください!」と叫んだ真意だろう。
Dragon Ash・kj  Photo by TAKAHIRO TAKINAMI

Dragon Ash・kj  Photo by TAKAHIRO TAKINAMI

聴いてくれる人がいなければ音楽をやる意味がない。そして、聴いてくれる人の存在を唯一実感できるのがライブだと、デビューした10代の頃からDragon Ashはそう言い続けてきた。どんな苦難や悲劇の時も、ライブで熱狂してくれる人たちの存在が彼らが音楽を続ける動機だった。だからこその葛藤……それはすべてのバンドマンたちの今の本音かもしれない。

「音楽にもみなさんにも、明るい未来がありますように。良いお年をお迎えください」
この日最後に演奏されたのは、ドラマティックなドラムとバンドサウンドが美しくレイヤードされていく「Curtain Call」。

<白んだ空/その向こうの日々で/いつかまた逢おうよ>

今も昔もこれからも、ライブはロックバンドとオーディエンスにとっての聖地だ。あの場所でまた以前と同じように逢える日のためのUNITED FRONT(共同戦線)は、きっと明るい未来を切り開いてくれると信じている。

Text/早川 加奈子