THE YELLOW MONKEYのドームツアーの映像作品が3月10日にリリースされることが発表となった。

今回リリースされるのは、2019年12月28日のナゴヤドーム、2020年2月11日の京セラドーム大阪、そして中止となってしまった4月4日、5日に替わる新規公演として開催された2020年11月3日の東京ドーム。この3公演を詰め込んだ映像作品がリリースされる。

この3公演はバンド史に残る公演で、ファンが様々な形で参加したドームツアーでもあり、映像化を望む声が多く集まっていたという。

30回目のバンド結成日に開催されたナゴヤドームは、バンド史上、最大規模のドームツアーの初日にあたり、まさに30年に一度のライブと言っても過言ではないバンドの本質が全面に表現されたライブとなった。2020年9月に配信もされたが、今まで切り取ってこなかったメンバーの表情が印象的な映像に仕上がっているとのこと。

京セラドーム大阪は、活動休止直前の2000年以来(当時は大阪ドーム)19年ぶりとなり、最初のMCで「今夜のテーマはロックンロール気味な感じ」と話した通り、全編通してライブバンドとしての有り様を目の当たりにした内容。これも元々発売の予定はなかったが、未公開のライブ映像の編集となり、オープニングから収録される。

そして、東京ドームは昨年2月以降、ドーム規模では初となる有観客の公演となり、通常の半分以下となる19,000人という動員人数や入場方法など、多くの制限がある中で開催。会場では歓声が出せないという状況でも“新しい形”を提示したライブの模様も収められている。当日に配信された映像とは別編集となるのでそこも見所の一つとなる。

なお、この3公演は全てセットリストが異なり、それぞれの公演の全楽曲が惜しみなく収録されているコンプリート作品となる。

また、完全生産限定(数量限定)のBlu-ray BOXはLPサイズの仕様で、世界に一つしかないナンバリングが入っている。

ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、東京ドームのライブ映像に加え、アフターツアーパンフレットが同梱され、そこには東京ドーム公演を終えたメンバーのインタビューも掲載。そして、未発表音源でありナゴヤドームにて初公開となった、THE YELLOW MONKEYが結成してまもなく録音されたというバンド初のデモテープ(カセット)が当時のデザインそのままに封入される(ダウンロードコード付)。その他、ギリギリまで開催を検討した4月4日、5日の東京ドームで配布する予定だったハンドタオルも同梱される。

DVD BOXには、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、東京ドームの3公演(6Disc)と、ライブの重要なシーンを切り取った「ライブフォトカード」全30枚を封入。写真でしか表現することのできない、一瞬の表情を切り取ったライブフォトカードとなる。

LPサイズBlu-ray BOX、DVD BOX、共に完全生産限定(数量限定)作品となる。

なお、東京ドーム公演は『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE -DOME SPECIAL- 2020.11.3』として、単体のBlu-ray/DVDも同発される。

また、2月3日発売のライブアルバム『Live Loud』と、3月10日発売の映像作品の「W購入者特典」も決定しており、詳細は1月下旬に発表される。