シンガーソングライター・藤田麻衣子が3月3日にデビュー15周年記念となる弾き語りリクエストベストアルバム『15th Anniversary 弾き語りBest』をリリースすることが決定した。

本作はファン投票によって選曲した楽曲を全て弾き語りにてレコーディングしたメジャーデビュー後初の弾き語りベストアルバムとなる。初回盤は、アニバーサリーディスク仕様となっており、ファン投票によって選ばれた楽曲に加え、藤田麻衣子本人が選曲したボーナス・トラック3曲が収録される。その3曲は昨年リリースの配信シングル「臆病な恋の歌」、2011年に声優で歌手の平川大輔に楽曲提供した「共犯者」、昨年始動した文化でナゴヤを応援する<きみのあした♪プロジェクト>とコラボした「きみのあした」の弾き語りバージョンとなっている。さらに初回盤には、15年間の活動で本人が歌い続けてきた楽曲達へのセルフライナーノーツを収めた歌詞本が付属予定。

また、先着予約・購入特典も決定。対象店舗にて予約・購入した人に先着でオリジナル特典をプレゼント。Amazon.co.jpでのメガジャケ、タワーレコード(Type A)、HMV(Type B)、楽天ブックス(Type C)では絵柄の異なるオリジナル・クリアファイル(A4サイズ)が決定している。なお、今作でもオンラインサイン会を予定しているのとのこと。

藤田麻衣子は、今月・1月20日にはLIVE Blu-ray&DVD『藤田麻衣子 LIVE TOUR 2020 〜necessary〜』と、配信シングル「きみのあした」もリリースする。

藤田麻衣子コメント

みなさんのリクエスト結果から上位20曲、ボーナストラック3曲を収録しました。去年はライブをあまり行えませんでしたが、弾き語りレコーディングの時は目の前に客席にいるみなさんが見えていました。今までのライブがしっかり自分の中に焼きついているのを感じました。オリジナルアルバムでは味わえない、とてもライブ感のあるダイナミックな弾き語りアルバムができたと思います。歌声もアップデートされたような、初期の頃の力強さみたいなものが出ていました。今まで聴いてくださっていた方にも、初めての方にも、ぜひ聴いてほしいアルバムです。