2021年1月8日(金)新国立劇場 小劇場にて、『スルース〜探偵〜』が、吉田鋼太郎の演出・出演、共演に柿澤勇人という顔合わせで、初日を迎えた。本公演の舞台写真と出演者の開幕コメントが届いた。

本作は 1970年の初演以降、ブロードウェイでは最も権威あるトニー賞を受賞し、映画化された英国の傑作サスペンスで、日本でも数々の名優によって演じられてきた人気戯曲だ。

(左)吉田鋼太郎、(右)柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

(左)吉田鋼太郎、(右)柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

今回、演出家として、俳優としてこの作品に挑んでいるのは、ドラマや映画など幅広く活躍する吉田鋼太郎。約一年ぶりの舞台出演となるが、稽古中から「パーフェクトに仕上げたい」、と語っていた言葉の通り、綿密な演出プランと大胆な演技の双方向から作品をリードしている。

吉田鋼太郎  撮影:渡部孝弘

吉田鋼太郎  撮影:渡部孝弘

吉田に対峙するのは、舞台は勿論のこと、映像にも活躍の場を広げる注目の俳優、柿澤勇人。吉田の演出で引き出される繊細な演技はもちろんのこと、コミカルな表現や歌やダンスも取り入れた遊び心溢れるシーンも見どころとなっている。

柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

(左)吉田鋼太郎、(右)柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

(左)吉田鋼太郎、(右)柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

 

【ストーリー】
物語の舞台は、著名な推理小説家アンドリュー・ワイク(吉田鋼太郎)の邸宅。そこに現れるのは、旅行業を営む青年で、アンドリューの妻マーガリートの浮気相手であるマイロ・ティンドル(柿澤勇人)。不倫への追及を受けるものだと思っていたが、意外にもアンドリューは、妻とマイロが結ばれることを望んでいるという。更にアンドリューは自分にも愛人がいることを誇示し、自宅にある高価な宝石を盗み出してほしいと提案する。そうすることでマイロは宝石と妻を手に入れ、アンドリューは宝石にかかっている保険金を手に入れることができるという算段だ。
不審に思いながらもマイロは提案に乗るが、その先には目の離せないゲームのような展開が待ち構える。

初日公演後の出演者コメント

■吉田鋼太郎

吉田鋼太郎  撮影:渡部孝弘

吉田鋼太郎  撮影:渡部孝弘

いま、初日の舞台が終わりました。
カーテンコールで胸に迫るものがありました。
演っているときは無我夢中でしたけれど、考えてみれば約1年弱ぶりの舞台。なんとなく初心に返ったというか、新人のような気持ちになって芝居をしていたような気がします。
緊急事態宣言が出たばかりという難しい状況ではありますが、今日は運よく幕を開けることができました。とにかく毎日毎日、全身全霊をかけて愛を込めて、お客様に素晴らしいものを届けられればという思いです。

初日開いた! やったー!

■柿澤勇人

柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

本日、スルース東京公演初日を迎えることができました。
このような状況下で演劇をできること、観に来て下さる方がいることに感謝を致します。
出来る限りのことを行い、演劇の灯を消さないように、一歩一歩前に進んでいきたいと思い
ます。
みなさま、どうぞ応援を宜しくお願い致します。

(左)吉田鋼太郎、(右)柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

(左)吉田鋼太郎、(右)柿澤勇人  撮影:渡部孝弘

本公演の上演時間は約2時間20分(20分の休憩を含む)。東京公演は新国立劇場 小劇場にて1月24日(日)まで上演。その後、2月には大阪、新潟、仙台、名古屋の全国4箇所での上演を予定している。

なお本作品は、来場された方々に安心して観劇してもらう為、稽古中から感染対策を徹底している。楽屋や大道具小道具にはすべて抗菌処理を施し、楽屋内に菌を持ち込まないよう衣服・靴・マスクの取り替えなど厳密にルール化。主催者は劇場での対策も徹底し、検温・消毒、劇場内のこまめな消毒、ロビーでの密を避ける動線確保や換気の強化にも努めるなど、様々な対策を講じているとのこと。