SOIL&”PIMP”SESSIONSが、3月17日(水)に初のJAZZカバー作品となるミニアルバム『THE ESSENCE OF SOIL』をリリースすることが決定した。

本作は、バンドの本来の姿であるインストゥルメンタルに立ち返り、未来のJAZZを表現した前作に引き続き、メンバーそれぞれがどのようなJAZZのルーツを持っているのか、源流を辿るカバー集で全7曲を収録予定。収録曲は追って発表される。

これまで「Wheel Within A Wheel」「Fuller Love」「Spartacus Love Theme」など過去作品やライブで、スタンダードから隠れた名曲までカバーは様々披露して来ているが、一枚の作品として収めるのは意外と今作が初となる。

オリジナルとは趣の異なる原曲の既成イメージを打ち崩したパワフルな演奏とアレンジで、カバーのセンスはジャイルス・ピーターソンはじめ、海外のオピニオンリーダーからも一目を置かれるSOIL&”PIMP”SESSIONS。『THE ESSENCE OF SOIL』というタイトルのとおり、SOILを形づくった楽曲が彼らの色でどのように彩られるか是非注目しよう。

また、合わせて新しいアーティスト写真と『THE ESSENCE OF SOIL』のジャケット写真も公開された。ジャケット写真はメンバーのタブゾンビ(トランペット)の手書きによる味わい深いアートワークとなっている。ブックレットにはメンバーによる収録曲の解説付き。さらに、初回出荷分は紙ジャケ仕様となる。各店舗、オンラインストアで予約もスタートしているので、詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。