緑黄色社会の新曲「merry-go-round」が、WOWOWが新たに放送するスポーツ・コンテンツ「アーバンスポーツ(URBAN SPORTS)」の関連番組テーマソングに決定した。

アーバンスポーツとは、文字どおり「都市型スポーツ」と称され、街中の狭いスペースでも気軽にプレーできる自由度の高さが特徴。WOWOWが今回取り扱うのは、BMXフリースタイル(パーク/ フラットランド)、スケートボード、パルクール、ブレイキン、インラインスケート、ボルダリングの6競技。BMXフリースタイルやスケートボード、ボルダリングは東京オリンピックの正式競技となり大きな話題となったが、さらに24年のパリ オリンピックでは、ブレイキンが正式競技として採用されることも決定しており、年を追うごとにアーバンスポーツは世界的にも注目度が高まっている。

新曲「merry-go-round」は、「サウンドはクールでスタイリッシュ。だけど心のうちでは、白熱するほど自分と戦ってる。そんなギャップに満ちたイメージと、夢を追う楽しさをいつも心に置きながら、挑んでいく瞬間を描けたら」というテーマで書き下ろされた一曲。

今回のタイアップについて緑黄色社会は、「アーバンスポーツというコンテンツを通して、今までの緑黄色社会にはなかった、新たなジャンル感の楽曲を添えることができ、とても嬉しく思います。踏ん張り時のご時世だからこそ、皆さんにこの上ないガッツを与えられたらなと思います。」とコメントしている。

「merry-go-round」は、アーバンスポーツ世界大会の中継やオリジナルレギュラー番組などで使用される。また、1月16日(土)配信のWOWOWオンデマンドフェス『音楽諸島』での初披露も決定した。