2021年2月5日(金)本多劇場にて、□字ック第十四回本公演 旗揚げ10周年企画『タイトル、拒絶』が開幕した。公演にあたってゲネプロが行われ、舞台写真とともに脚本・演出の山田佳奈、出演者の木竜麻生よりコメントが届いたので紹介する。

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

2013年に舞台作品として初演し、2019年には脚本・演出を務めた山田佳奈自身が監督を務め映画化した本作。セックスワーカーとして生活をする女性たちがあらがえないものに向かって進んでいく姿を描いた人間ドラマで、今回、映画『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』で数々の映画賞を受賞した木竜が舞台初主演を務める。

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

そのほか、小島梨里杏、川添野愛、鈴木たまよ、樹麗、田野優花、宮崎秋人、池田良、後藤剛範、信川清順、早織、安藤聖、美保純が出演している。

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

脚本・演出:山田佳奈  コメント

この状況下、誰ひとりかけることなく公演が迎えられるのはとても喜ばしいことです。
公演の一部中止や時間変更があった関係で、残念ながら劇場に足を運べなくなった方々には本当に申し訳なく思っておりますが、とにもかくにも舞台芸術を止めずに実施できることには正直安心しています。
各劇場で公演を待機している舞台芸術関係者、そしてそれを楽しみにされている観客の皆さんにも、しっかりバトンを渡すべく我々も励みます。
何もかもが自粛を余儀なくされて、いろいろなストレスを抱えている人が多くいるとは思いますが、キレイごと抜きの現在をどうにか乗り越えられますように。

木竜麻生:コメント

舞台『タイトル、拒絶』無事に本番を迎えさせていただきます。日々状況が変わる中、演出家の佳奈さんをはじめキャスト・スタッフの皆さんとともに良いものを創り出そうと時間や気持ちを共有してきました。
いまこの瞬間瞬間を大事に臨めたらと思っています。観てくださるみなさんに届くものがありますように、頑張りたいと思います。

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

 
本公演は本多劇場にて、2月10日(水)まで上演される。
 
『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

『タイトル、拒絶』舞台写真

なお、本公演は緊急事態宣言により、客席収容率を50%、終演が20時を超える予定だった回の中止・及び開演時間の変更を決定した。これを受けて□字ックは、クラウドファンディングプラットフォーム・MOTIONGALLERYにて支援を募ることを決断とのこと。支援のリターンほか、クラウドファンディングの詳細はMOTIONGALLERYの特設サイトで確認を。