RADWIMPSが東日本大震災から10年目となる2021年3月11日に、アルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』をリリースすることが決定した。

RADWIMPSは、2011年3月11日、東日本大震災が発生した直後に義援金プロジェクト「糸色」を立ち上げた。ミュージシャン・クリエイター・俳優陣などの共鳴と共に支援へと動き、その後ほぼ毎年3月11日に被災地へ想いを馳せた新曲を映像作家・島田大介と制作した映像と共にYouTubeで届けてきた。

アルバムには、これまで発表した楽曲8曲に新たに新曲2曲を加えた全10曲を収録。震災を見つめ続けた楽曲たちは発表順に収録され、10年間の定点観測で生まれたコンセプトアルバムとなる。リリース3形態のうちBlu-rayとDVDには、10年間RADWIMPSと想いを共にしてきた島田大介による、YouTubeで公開されてきた映像作品も収録。アートワークも同じく島田が手掛け、島田自らが被災地に赴き撮影した、震災当時と10年後の今を鮮明に切り取った写真の数々が収められている。

なお、このアルバムの利益は日本赤十字社、自治体などに全額寄付され、日本全国で起こる自然災害などの支援活動に充てられる。(2021年12月31日までの売上金額が寄付の対象)

『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』

『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』