2021年2月20日(土)〜22日(月)大阪市中央公会堂において、The Stone Ageヘンドリックス ツープラトン公演『2月の現状』を上演する。

1998年夏に旗揚げしたThe Stone Ageは、2010年より朝田大輝の作・演出による「TheStoneAgeヘンドリックス」を開始。駅のホーム、ゾンビが暮らす山村、お通夜、天狗が見守る町、結婚前夜、13回忌、港町などを舞台に「笑って笑ってグッときて笑って終わる人情喜劇」を追求し、「笑いとドラマの奇跡の融合」を目指している。

本公演では、中編『もっともらしく押す』『悪い手』を2本立てで上演する。なお、オンデマンド配信も予定されており、決まり次第公式ホームページで発表されるとのことだ。

『もっともらしく押す』あらすじ
部屋で飲みながらテレビを見てると、数年ぶりに妹から電話。
「今すぐニュース見て!」
与那国島行きの飛行機が落ちたらしい。
その搭乗者の中に、19年前に蒸発した母の名前があった。
真偽を確かめるべく、空港で再会する三姉妹。
それぞれがそれぞれの母と決着をつけるために……。
変化することが苦手な女たちが、人には「変われ」と背中を押す。
居なくなった母と三姉妹の、これまでと、これからの物語。
『悪い手』あらすじ
引越しを機に、地域のボランティア団体「銀の鶴」に入会した純子。
「銀の鶴」は、アメリカで心臓移植手術を待つ少女に送る千羽鶴の追い込み作業中。
「きょうのノルマは1000やから」
会長の号令の下、真心そっちのけで鶴を折る幸子、佳苗、純子。
たわいもない会話をしながらも、順調に作業は進む。
「あったらでええねんけど、3000円貸してくれへん?」
この言葉を聞くまでは……。
悪手と分かっていても打つことをやめず、もがき続ける女たちの物語。