桑田佳祐のソロ楽曲が、ユニクロの新TVCMシリーズに複数曲起用されることが発表された。

同CMシリーズは2月12日から放送開始となり、CMの各バージョンにそれぞれ別々の楽曲が使用される。CMで紹介される各商品のテーマは「人々の人生をより豊かに、より快適にする究極の普段着」とのことで、そのメッセージに桑田佳祐の名曲たちが寄り添い、彩りを添えるかたちとなる。

2月12日(金)よりオンエアされる第一弾CMでフィーチャーされる楽曲は「若い広場」。2017年にリリースされた、桑田にとって初のNHK連続テレビ小説の主題歌で、同年大晦日には『NHK紅白歌合戦』でも歌唱された。ノスタルジックな情感と未来への希望に溢れた歌詞やメロディが、CMの持つメッセージ性とシンクロする、シリーズ第一弾にふさわしい作品となっている。

そして2月下旬からは、1988年にリリースされた自身2作目のシングル作品である「いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)」が流れる第二弾CMのオンエアが予定されている。その後、シリーズ各商品のCMに桑田佳祐の名曲が続々と登場する。

■株式会社ファーストリテイリング グループ執行役員 片山哲氏コメント

常に新しいことに挑戦し、時代の最先端を走り続けている桑田さんとご一緒できることを非常にうれしく思います。桑田さんの音楽は、誰からも愛されるポップ・ロックであり、唯一無二です。ユニクロのLifeWearも既存の概念に縛られることなく、新しい発想で、服を生み出し、あらゆる人の生活をより豊かにすることを目指しています。これから新しいTVCMシリーズを通じて桑田さんの音楽とともに日々の生活に寄り添い、何気ない毎日が明るくなるような発信をしていきたいと考えています。