ミュージカル俳優の福井晶一が、2021年3月13日(土)オンライン型演劇場・浅草九劇で、無観客ライブ『〜Spring has come〜』を開催する。

浅草九劇は、昨年6月にオンライン型演劇場にリニューアルし、舞台やライブ、その他イベントなどの配信を行っており、福井は同劇場で『It's Sho-Time』と題したイベントを定期的に開催している。
自身がホストとして毎回ゲストを迎えながら、プライベートトークやミュージカル曲を中心としたライブなど、盛りだくさんの内容で上演しているが、今回久しぶりのソロライブとなり、初めてのナンバーにも挑戦。ピアノ、ヴァイオリン、パーカッションの演奏者と共に奏でるハーモニーなど見所満載のライブとなりそうだ。

本イベントは、動画プラットフォーム・Vimeoを通じて有料生配信される。

福井晶一コメント

3月、春、幅広い意味での春の訪れ。コロナ収束への願い、エンタメ界の春、劇場やライヴハウスの春、そんな意味も込めて「Spring has come」というタイトルにしました。3月なので特に春をイメージした曲、それから卒業シーズンでもあるので出会いと別れに因んだ曲を中心にお届けします。

福井晶一プロフィール

北海道出身。1995年、劇団四季研究所へ入所。『美女と野獣』、『ウエストサイド物語』、『アイーダ』など数多くの作品で主演し、2012年に退団。退団後初の出演作『レ・ミゼラブル』13年公演でジャン・バルジャン/ジャベールの2役を、15年公演よりジャン・バルジャン役を演じ、好評を博す。主な出演作に『Fly By Night〜君がいた』、『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜』、『シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ』、『ジャージー・ボーイズ』など。ソロアルバム「Blessings-いつもそばに-」「Voce」をキングレコードからリリース、コンサート活動も精力的に行っている。2月末まで、ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』に出演中。5〜10月ミュージカル『レ・ミゼラブル』に出演予定。