2021年3月6日(土)梅若能楽学院会館(東京・中野区)にて開催される、狂言公演『狂言男師〜春の章【鴈礫・棒縛】〜』。本公演のキービジュアルが公開された。

本作は、伝統芸能『狂言』×『俳優』を融合した狂言公演「狂言男師」の第3弾。今回、2演目上演のうち、「鴈礫(がんつぶて)」の「大名」役、「棒縛(ぼうしばり)」の「太郎冠者(たろうかじゃ)」役は、仲田博喜。「鴈礫」の「道通り(みちどおり)」役、「棒縛」の「次郎冠者(じろうかじゃ)」役は田中涼星が演じる。その他、「鴈礫」の「仲裁人」役、「棒縛」の「主」役は、岩崎孝次が務める。

解禁されたキービジュアルには、仲田、田中、岩崎の3名が演目のひとつである「鴈礫」の装束を着て集結。春のイメージと会場一杯に笑顔の花を咲かせてほしいとの願いを込めた華やかなデザインとなっている。