2021年5月15日(土)〜6月25日(金)に『ディズニー・オン・クラシック 〜夢とまほうの贈りもの』が全国15都市で17公演を開催されることがわかった。

本公演は、ディズニー音楽に焦点をあて、日本で誕生したライブエンターテイメント「ディズニー・オン・クラシック」と、数々の大ヒットアニメーション作品を生み出してきた「ウォルト・ディズニー・アニメーション」のコラボレーションによる新しいコンサート。夢とまほうに満ちたディズニー音楽を、物語を紡ぐ映像と共に、オーケストラと日本人ヴォーカリストの生演奏で上演する。

披露されるプログラムは、ディズニー・レジェンドの作曲家、アラン・メンケンが音楽を手掛けた傑作アニメーション作品。映画公開30周年を記念して、『美女と野獣』より「朝の風景」、「ひとりぼっちの晩餐会」、「愛の芽生え」、「美女と野獣」など。

『美女と野獣』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『美女と野獣』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『美女と野獣』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『美女と野獣』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

1940年にアメリカで公開されて以来、世代を超えて今なお愛され続けている不朽の名作『ピノキオ』。ディズニー初のアカデミー賞最優秀歌曲賞を受賞した「星に願いを」を含む全9曲が、5年ぶりに『ディズニー・オン・クラシック』で演奏される。

『ピノキオ』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『ピノキオ』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『ピノキオ』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『ピノキオ』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

そして、南の楽園を舞台に、少女モアナが悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を切り開いていく物語『モアナと伝説の海』より名場面がギュッとつまった映像をオーケストラの演奏と共に楽しめる「オリジナル組曲」を日本初披露。また、信じあう心を失った<龍の王国>で、自分だけを信じて生きてきた王国の“最後の希望”ラーヤは、“龍の魔法”を蘇らせ、仲間を信じることで、 世界を取り戻すことができるのか、という3月に公開される『ラーヤと龍の王国』より「オリジナル組曲」を、特別映像と共に世界初披露する。

『モアナと伝説の海』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『モアナと伝説の海』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『ラーヤと龍の王国』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

『ラーヤと龍の王国』 Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

さらに、ディズニー・アニメーションの数々を、ウォータースクリーンなどに投影し、幻想的かつ壮大なストーリーを斬新な表現方法で魅せる、東京ディズニーシー(R)️「ファンタズミック!」。 アニメーション・スタジオとパークのコラボレーションによってカリフォルニアで誕生し、東京ディズニーシーで内容も新たに2011年〜2020年に公演されていた、伝説のナイトエンターテイメントの素敵な音楽を、スクリーンに映し出す映像と、オーケストラならではの迫力のサウンドでおくる。

Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

Presentation licensed by Disney Concerts (C)Disney

本公演のオリジナルTシャツやパンフレット、ペンライトのグッズ付きチケットも販売された。グッズ付きチケット購入の方には、“オリジナル・ネックストラップ”をプレゼント。詳しくは、オフィシャルサイトにて。