世界中に影響を与えた伝説の喜劇集団、モンティ・パイソンの映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1974年)を原作とするミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』が大阪・オリックス劇場で上演中だ。

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズの監督で知られる福田雄一による3度目の再演で、山田孝之、賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、矢本悠馬、お笑いコンビのシソンヌ、新妻聖子らが出演。中世イングランドを舞台に、聖剣エクスカリバーの使い手として有名なアーサー王らが、事情がよく分からないまま聖杯を探しまわる物語だ。

同舞台の大きな見どころは、これぞ福田雄一ワールドと言うべき芝居の間合いやテンション。即興かと思わせる不安定な音階の歌、気持ちの悪いなまりの喋りなどで、観る者をずっとムズムズさせる。アドリブなのか設定なのか分からない曖昧な境界線を引き、不思議で不気味な場面を作り出す。役者も思わず吹き出して笑ってしまう、素の場面もいくつか見られた。何より、ワンシーンごとに必ず何か笑いでオチをつけようとするところが、福田作品の真骨頂である。

主演の山田孝之は実に見事。どんな場面であっても一切崩れることがない。舞台上の役者たちのおかしな言動、終始巻き起こる観客席からの笑い。山田は、それらに流されることなくどっしりと芝居をやり抜く。グッと目ヂカラを込めたあの印象的な顔つき、太くて凛々しい声。福田作品での山田はいつも、徹底的にふざけている。だけどそのクセに、佇まいは真面目過ぎる。そのギャップがおもしろい。

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

ナンセンスな笑いが渦巻きながら、一方で実力派俳優らによる存在感もすばらしい。なかでも湖の貴婦人を演じた新妻聖子の歌唱シーンは迫力十分。お笑いコンビ、シソンヌの長谷川忍、じろうによる掛け合いも実際のコントを見ているかのように楽しい。

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

また、各役者はひとりで複数の役を掛け持ちしており、「ついさっきまで別の役じゃなかったっけ?」と変わり身の早さに驚かされる。なかでも賀来賢人の変幻自在なキャラクターづくりには注目。

そもそも原作のモンティ・パイソンの作品群は、不条理かつナンセンスな笑いで、演劇界、映画界の偉人たちを魅了してきた。同作は、そんなモンティ・パイソンの世界観への憧れを感じさせる作品である。

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

(C)ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」製作委員会

『モンティ・パイソンのSPAMALOT』は2月23日(火・祝)まで大阪・オリックス劇場、2月26日(金)から28日(日)まで福岡市民会館大ホールで開催される。

取材・文=田辺ユウキ