第44回日本アカデミー賞、優秀アニメーション作品賞を受賞し、絶賛ロングラン中の『映画 えんとつ町のプペル』のエンディング主題歌を担当し、多くの注目を集めているシンガーソングライターロザリーナが、2021年3月31日(水)にニューアルバム『飛べないニケ』をリリースすることが決定した。

『飛べないニケ』は、2020年1月29日(金)にリリースされた1stフルアルバム『INNER UNIVERSE』から約1年振りとなる2枚目のオリジナルフルアルバム。誰にも似ていないスモーキーな歌声を武器にますます躍進するロザリーナの新たな表現を詰め込んだ一作で、クラブ・ミュージックやJ-POP、サブカルチャーのシーンを自在に行き来する存在として国内外から注目を集めるTeddyLoidがプロデュースを担当している。

昨年7月に三井アウトレットパーク『横浜ベイサイド篇』CMソングとなった「moon & sun」をはじめ、同『25周年記念SALE篇』CMソングとなった「NEVERLAND」、現在、BSテレビ東京で放送中のドラマ『ナイルパーチの女子会』(出演:水川あさみ、山田真歩、他)主題歌の「涙の銀河」、そして新たに手掛けたアルバム新曲7曲(計10曲)が収録。

また初回生産限定盤には、2020年8月6日に無観客配信ライブとして開催された『ロザリーナ ONEMAN LIVE 2020』のパフォーマンス全曲を再編集し収録したBlu-rayが付属される。

なお、ロザリーナは、5月に約2年振りとなる東京と大阪でのワンマンライブを予定している。