200以上の国や地域でアニメやマンガを含むコンテンツを提供する「クランチロール」は、前年のベストアニメを表彰する『第5回クランチロール・アニメアワード2021』の受賞作品を発表。アニメ・オブ・ザ・イヤーに『呪術廻戦』、ベスト・アニメーションは『映像研には手を出すな!』が受賞した。


同アワードは、審査委員会が選出するノミネート作品の中から、ファンも投票に参加できる。2021年1月15〜22日に実施されたファン投票では、2020年の1100万票を大きく上回る約1500万票が200を超える国と地域から投じられたという。投票数が最も多かった国ベスト3は、アメリカ、ブラジル、メキシコ。日本からも昨年を33%上回る投票があった。

受賞作には日本アニメが名を連ねる

● アニメ・オブ・ザ・イヤー 『呪術廻戦』


● ベスト・アニメーション 『映像研には手を出すな!』


● ベスト・ファンタジー 『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』


● ベスト・ドラマ 『フルーツバスケット 2nd season』


● ベスト・コメディ 『かぐや様は告らせたい? 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』


● ベスト・ガール 四宮かぐや『かぐや様は告らせたい? 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』


● ベスト・ボーイ 日向翔陽『ハイキュー!! TO THE TOP』


● ベスト・プロタゴニスト(主人公)カタリナ・クラエス『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった...』


● ベスト・アンタゴニスト(敵役) 両面宿儺『呪術廻戦』


● ベスト・ファイトシーン デク vs. オーバーホール『僕のヒーローアカデミア(第4期)』


● ベスト・スコア Kevin Penkin『神之塔 -Tower of God-』


● ベスト・ディレクター 湯浅政明『映像研には手を出すな!』


● ベスト・キャラクター・デザイン 伊藤麻由加『地縛少年花子くん』原作:あいだいろ


● ベスト・カップル 由崎星空 と 由崎司『トニカクカワイイ』


● ベスト・VA(ボイスアクション)パフォーマンス(日本語) 小林裕介『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』ナツキ・スバル役


● ベストVA(ボイスアクション)パフォーマンス(英語) Zeno Robinson『僕のヒーローアカデミア(第4期)』ホークス役


● ベスト・オープニング・シークエンス(OP) Wild Side by ALI『BEASTARS ビースターズ』


● ベスト・エンディング・シークエンス(ED) LOST IN PARADISE feat. AKLO by ALI『呪術廻戦』


クランチロールはまた、アニメアワードにて次の5作品のクランチロールでの配信決定を発表した。

 『ゾンビランドサガ リベンジ』監督の境 宗久も出演

『ゾンビランドサガ リベンジ』監督の境 宗久も出演

● 『東京リベンジャーズ』
● 『ゾンビランドサガ リベンジ』(株式会社MAPPA制作)
● 『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』
● 『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』
● 『オッドタクシー』
(広報注:別途『月が導く異世界道中』のクランチロールでの配信決定も2月1日に発表されました)

イベント中継には日本人クリエイターも出演

クランチロールは現在、1億人を超える登録者と400万を超える有料会員を有しているが、世界各国で日本のアニメが高評価を得ていることが改めて確認される結果となった。

イベント中継は湯浅政明監督や、『ソンビランドサガ』プロデューサー、アニメ『Reゼロ』キャストの出演もありで、各国のファンをつないで実施された。

ホストの「Hime」とファンのみなさん

ホストの「Hime」とファンのみなさん

湯浅政明監督

湯浅政明監督

『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』キャストも出演

『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』キャストも出演

『アニメアワード2021』の様子は、クランチロールのホームページ、またはTwitch からオンデマンド配信でも見ることができる。