緑黄色社会の新曲「たとえたとえ」が、『第93回センバツ MBS公式テーマソング』となることが発表された。

同曲は、『第93回センバツ MBS公式テーマソング』として書き下ろされた楽曲で、作詞を小林壱誓(Gt. / Cho.)が、作曲をpeppe(Key. / Cho.)が手掛けた。ひたむきに汗を流す高校球児はもちろん、困難な時代の中で戦うすべての人に向けた心の底からのエールを、アルプススタンドの応援をイメージしたブラスが印象的なサウンドに載せたポップナンバー。

『第93回選抜高校野球大会(センバツ)』は、3月19日(金)〜31日(水)開催。「たとえたとえ」は、毎日放送(MBS)で生中継される決勝戦をはじめ、センバツ公式サイト「センバツLIVE!」の全試合生配信やCS放送「GAORA」での全試合生中継、MBS・GAORAで放送される「みんなの甲子園」の番組内で使用される。

 
■緑黄色社会コメント

当たり前だった世界をもう一度描きたい。
そう思ってイメージしたのは、老若男女、様々な人たちが街中で楽しそうにパレードをしていて、何色もの紙吹雪が空に舞っている、そんな色鮮やかな景色。
私たちの母校は野球で有名だったので、野球部のみんながひたむきに汗を流す姿が身近な風景のひとつでした。彼らの頑張っている姿に「頑張ろう」と力をもらえていた日々を思い出して、あのとき小っ恥ずかしくて言えなかった感謝をメロディに乗せたいと思いました。
この先、誰もが球場で直接声援を送れるようになることを願っていますが、もしも声援を送れない状況であったとしても、心の中にある"本物のエール"が選手たちに届くと良いなという祈りを込めて。
今の自分たちにできる「歌」を通して今回みなさんを応援することができてとても光栄です。
この曲と共に心から応援しています!