BTSが、2020年米国で最も多くツイートされたミュージシャン1位を記録した。

ツイッターは20年のツイートデータを分析し、さまざまな部門の順位を公開。 BTSは「2020 Most Tweeted About Musicians in the US」で錚々たるアーティストを抜いてトップになった。

米経済専門誌Forbesは最近の報道で、BTSのツイッター記録にスポットライトを当て「BTSが米国で彼らよりも有名な多くのスターを(ツイッターで)圧倒したのが印象的だが、韓国のボーイズグループ(BTS)の急浮上を見守ってきた人々にとっては、驚くことではない。」と評価。米音楽雑誌ローリングストーンも「カニエ·ウェスト、ビヨンセ、ドレイクを抜いてBTSがツイッターの王としてチャート1位になった。」と伝え、このニュースを大きく取り上げた。

また、BTSは昨年「世界で最も多く取り上げられたK-popアーティスト」でもトップにランクインし、BTSのツイッターアカウントは「世界で最も多く言及されたアカウント」部門で4年連続1位を記録した。

「全世界で最も多く取り上げられたK-Pop曲1位」もBTSの「Dynamite」で、 BTSは該当チャート10位内に「Dynamite」を含め計6曲を記録している。

BTSは、2021年2月19日(金)に世界中のファンに恩返しの気持ちを込めた 『BE (Essential Edition)  』を発売、24日(水)(韓国時間)に、韓国歌手としては初めて「MTV Unpluged Presents:BTS」に出演する。