2021年3月27日(土)〜4月4日(日)天王洲 銀河劇場にて、4月3日に7周年を迎えるAKB48チーム8が、7周年を記念し「マジムリ学園」と再びタッグを組んで、舞台『マジムリ学園 蕾-RAI-』を上演することが発表された。
前作に続き、チーム8の小栗有以がリリィー役として主演を務める。

「マジムリ学園」は、2018年7月に日本テレビで放送されたドラマで、同年10月には舞台化もされ満員御礼となった人気作。本公演では舞台『マジムリ学園』から2年後の世界を描く。キャストは、AKB48チーム8の小栗有以、岡部麟、倉野尾成美をはじめ、坂口渚沙、横山結衣、清水麻璃亜、髙橋彩音、吉川七瀬、小田えりな、左伴彩佳、鈴木優香、服部有菜、永野芹佳、濵咲友菜、奥原妃奈子、行天優莉奈、高岡薫、宮里莉羅が出演。さらに長谷川百々花、坂川陽香、徳永羚海はトリプルキャストとして出演する。

転校生として私立嵐ヶ丘学園にやって来たリリィー(小栗有以)も卒業を間近に控えた3年生になり、生徒から一目置かれる存在に。一方ヒナ(岡部麟)は「ヌル」として生徒会長になり学園を取り仕切り、スミレ(倉野尾成美)はリリィーに対し複雑な想いを抱えて過ごす日々……。かつては一緒にいた3人が時を経てどのように変わってしまったのか? さらに混沌とし荒れ果てた世界で闘い葛藤する彼女たちの物語に注目したい。

本公演は舞台とライブステージの二部構成で行われる。さらに、7周年記念公演として毎公演ゲストが参加し、舞台とライブパフォーマンスを盛り上げる。また、この春卒業するメンバーの卒業セレモニーなどの特別イベントも行い、楽しめる内容が盛り沢山となっている。また、4月2日は前夜祭、4月3日はチーム8の7周年記念日、4月4日は後夜祭として、この3日間はチーム8全メンバーがライブに特別出演する。

演出は、前作に続き、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)が担当。脚本は、丸尾と米山和仁(劇団ホチキス)が共同で務め、新作として完全オリジナルストーリーを書き下ろす。