『レ・ミゼラブル』、『ミス・サイゴン』、『ウエスト・サイド・ストーリー』などで大役を重ねるミュージカル俳優・小野田龍之介。29歳ながらそのキャリアは長く、2001年に初めて舞台に立ってから20年の節目を記念して、昨年(2020年)11月6日に、東京・よみうり大手町ホールで開催された初リサイタルの模様を記録したライブ盤を、自身初のCDアルバムとして、2021年5月19日(水)にリリースすることが決定した。アルバムのタイトルは、『FROM NOW ON 〜20th Anniversary Concert〜』。

小野田のデビュー20周年コンサートは、コロナ禍のため、会場の収容人数を50%に制限して、昼夜2回公演で1日限りの日程で行われたもの。出演した代表作を中心に構成された演目は、これまでのキャリアの集大成で、誰もが一度は聴いたことのある名曲の数々を歌唱。ディズニーの大ファンという彼のお気に入りのナンバーもメドレーで披露した。

ゲストには、新型コロナウィルス感染症拡大の影響で昨年中止になったミュージカル『ミス・サイゴン』で共演予定だった昆夏美(昼公演)と知念里奈(夜公演)を招き、それぞれデュエットで華を添えている。






小野田の魅力は、その圧倒的な歌唱力にあり、人気ミュージカル『エリザベート』をはじめ、現代のミュージカル界を牽引する作曲家であるシルヴェスター・リーヴァイ国際ミュージカル歌唱コンサート・コンクールにて、リーヴァイ特別賞を受賞(2011年)した実力は折り紙つき。音だけの作品(CD)でも期待を裏切らないが、同時に発売される生産限定盤には、特別にDVDも付属する(収録内容の詳細は未定)。さらに、限定盤には、コンサートパンフレットをイメージした豪華ブックレットも特典として収容する予定。

また、今回のリリースを記念して、3月21日(日)に初のインターネットサイン会が開催されることも決定した。現在公演中のミュージカル『マリー・アントワネット』ではオルレアン役として、5月から帝国劇場他で上演される『レ・ミゼラブル』では主要キャストのアンジョルラス役で出演。多忙な日々を送っている小野田だが、20年間の感謝の気持ちを込めて、予約購入者へのサイン会を行う。

<小野田龍之介コメント>

日々劇場に足をお運びくださる皆さま、また応援してくださる皆さま、本当にありがとうございます。
この度、わたくし小野田龍之介20周年を記念いたしまして、初のアルバムが発売されることとなりました!昨年11月に1日限りで開催された『20th Anniversary Concert』のライブ盤CDでございます!

ぜひお聴きいただけたら幸いです。皆さまよろしくお願いいたします!