星野源が、2021年3月6日(土)にYELLOW PASS会員限定の配信イベント『YELLOW PASS Live Streaming “宴会”』を開催。配信イベント終盤で、今年も音楽家・星野源の活動を多角的に切り取り、まとめたオフィシャル・イヤーブックの第5弾『YELLOW MAGAZINE 2020-2021』を発売することを発表した。

このイベントは、星野が年に1回発行するオフィシャル・イヤーブック『YELLOW MAGAZINE』に付属のWEBサービス「YELLOW PASS」に登録している会員のみ視聴できる有料の無観客オンラインイベント。

前半の「ライブ」パートでは、「Pop Virus」や「ドラえもん」といった代表曲から、ライブ初となる「Dead Leaf」など幅広く披露。更には最新曲「創造」をライブバージョンで届け、ファンを熱狂させた。一転して後半の「宴会」パートでは、司会に橋本直(銀シャリ)を迎え、バンドメンバーとリラックスした雰囲気でトークを展開。配信イベント全体を通して、ファンが様々な角度から星野の姿を見ることができる内容となり、初のYELLOW PASS会員限定配信イベントは大成功を収めた。

『YELLOW MAGAZINE 2020-2021』は、本日よりアーティストオンラインショップ「A!SMART」にて予約販売を開始。巻頭フォトストーリーでは、星野の音楽活動を初期から撮影してきた写真家・平野太呂が、1泊2日の八ヶ岳の旅を撮り下ろし、都会の喧騒を忘れ、リラックスした表情を浮かべる星野の姿が多数収められている。

激動の2020年を振り返るロングインタビューに加え、豪華ゲストを招いての対談には、オードリー・若林正恭が登場するなど、恒例企画も引き続き充実。オードリー・若林正恭とは、ともに40歳を迎えた同志として、赤裸々な悩みを打ち明けあった。

音声コンテンツ『YELLOW DISC』には、盟友である映像作家・山岸聖太がホストを務め、星野がゲストとして登場したオリジナルラジオ番組を収録。2020年12月15日にニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」にて放送された、「2時間生演奏!星野源 弾き語りライブ in いつものラジオブース!」の音源も収録され、トークも音楽も非常に充実した内容となっている。

『YELLOW MAGAZINE 2020-2021』には、購入者のみが利用できるWEBサービス「YELLOW PASS」が付属。また、現「YELLOW PASS」会員が購入すると継続特典としてフォトブック『GRATITUDE OUTTAKES GEN HOSHINO 2010-2020』もついてくる。継続特典付きは期間限定販売。「YELLOW PASS」や継続特典付き購入方法の詳細は特設サイトを確認しよう。

今年の『YELLOW MAGAZINE 2020-2021』も、必見となりそうだ。