山下久美子が3月11日、Billboard Live YOKOHAMAで開催した40周年記念ライブのオフィシャルレポートが到着した。

昨年10月に40周年記念ベストアルバム『愛☆溢れて! 〜Full Of Lovable People〜』をリリースした山下久美子が、3月11日Billboard Live YOKOHAMAにて、40周年記念ライブのファイナルを行なった。

1980年6月25日にデビューした山下は、本来ならばちょうど40周年に当たる昨年6月にアルバム・リリース、そして40周年記念ライブを行う予定であった。が、ご存知コロナの影響で記念ライブの実施が不可能になり、それに伴いアルバムのリリースも延期せざるを得なくなった。
ようやく昨年10月にアルバムはリリースしたものの、そのタイミングで計画していた記念ライブは再び中止に。そして年をまたいだ2021年3月11日。9ヶ月越しの40周年記念ライブ・ファイナルがようやく実現できる運びとなった。


まだ外も明るい午後3時。しっとりとした雰囲気の中、グレーのスーツを身にまとった山下久美子が颯爽とステージに登場。40年前のデビュー曲「バスルームから愛をこめて」で記念ライブがスタートした。時節柄立ち上がったり、大きな声で声援を送ったりすることはできないが、この曲の間奏に差しかかると、一際大きな拍手が沸き起こる。声には出さずとも、お客様のライブを見られる喜びと祝福の気持ちが、たっぷりと感じられた瞬間であった。

最初の挨拶で「ようやく叶った40周年ライブ。来てくれてありがとう。みなさんすっかりマスクが似合うようになりましたね(笑)」と感謝の気持ちと愛あるイジりを伝え、その後は2nd.シングル「ワンダフルCha-Cha」、3rd.シングル「恋のミッドナイト・D.J.」と、初期の代表曲が次々と披露される。

この1St.ステージは 1980年代の曲を中心に、エピソードや、楽曲を提供してくれた呉田軽穂ことユーミン、佐野元春、大沢誉志幸らとの当時の思い出を交えながら、全13曲が演奏された。


2nd.ステージは黒のルーズなスーツ、キャップというスタイルで登場。「スウィート・ガールズ・パレード」でライブがスタート。1st.ステージとはガラリと趣向を変え、1990年代以降の楽曲を中心とした構成だ。「情熱」、「FOUR SEASONS」、「愛してたなんていまさら」など、布袋寅泰とタッグを組んだ時代の曲が数多く演奏された。所狭しとステージ上を動き回るレキレの動きと、変わらぬCANDY VOICEも健在だ。

ラストは最新アルバムに収められた新曲「Morning Star」で幕を閉じる。まだまだ歌い続ける!という強い意志が感じられたステージであった。

この1年、ほとんど有観客でのライブを実施することができず、お客様の前で歌いたくてウズウズしていた山下久美子は、この日はまるで水を得た魚のようであった。さすがにこのご時世、“総立ちの久美子"状態にすることは難しいが、“総着席"のお客様も、気持ちは“総立ち"の時代と変わらず。声には出さずとも気で昂まりをステージまで運んでくれる。会場内は本当に素敵な一体感に包まれていた。


1st.ステージ、2nd.ステージ合わせて26曲、1曲も被らないセットリストは圧巻。代表曲「赤道小町ドキッ」を演奏しなかったことすら気づかないくらいの充実の選曲だ。そして、一気に40年間を駆け抜けた山下久美子の生き様そのもののような、華麗なるライブでもあった。

“ライブの女王"、“学園祭の女王"、“総立ちの久美子"などなど、山下とライブの親和性を伝えるキャッチフレーズは数知れず。そんな言葉が示すとおり、デビュー40周年を迎え、尚且つ還暦を迎えた今も、山下久美子はステージで輝き続けている。

DISC-1に90年代の楽曲を中心としたベスト(新曲も含む)、DISC-2にオールタイムの名曲をたっぷりと詰め込んだライブ・ベスト、そしてDISC-3には初DVD化となる映像作品「黄金伝説」を納めた3枚組最新アルバム『愛☆溢れて! 〜Full Of Lovable People〜』も発売中。是非とも耳にして欲しい。