2021年6月に明治座・博多座にて上演される『水谷千重子 50周年記念公演』の第一弾キャストが公開された。

2019年に引き続き水谷千重子芸能生活50周年の節目に上演される本公演は、水谷自身が映画から着想を得て企画した、歌あり、笑いありのエンターテインメントショーと、自身のヒットナンバーや名曲の数々を豪華ゲストと共に紡ぐ歌謡ショーという二部構成。

今回発表されたキャストは第一部・お芝居ステージ出演で、ずん(飯尾和樹・やす)、ハリセンボン(近藤春菜・箕輪はるか)、どぶろっく(森慎太郎・江⼝直人)、阿佐ヶ谷姉妹(渡辺江里子・木村美穂)。ずん、ハリセンボン、どぶろっく、阿佐ヶ谷姉妹はクワトロキャストで、日替わり出演となる。各キャストの出演日は、公式サイトにて確認して欲しい。

なお、一般チケット発売日は、東京公演5月5日(水)10:00より、福岡公演5月22日(土)10:00より予定。

ずん(飯尾和樹・やす)

(左)飯尾和樹(右)やす

(左)飯尾和樹(右)やす

飄々としたつかみ所のない芸風で人気の飯尾と、柔道着で大暴れのやすからなる男性お笑い2人組。生まれも育ちも東京の飯尾が放つスタイリッシュなチャーミングワードは主婦層から多大な支持を集め、男気溢れるやすのストロングパワーとの対比も二重丸。(※クワトロキャスト※日替わり出演)

ハリセンボン(近藤春菜・箕輪はるか)

(左)近藤春菜(右)箕輪はるか

(左)近藤春菜(右)箕輪はるか

愛嬌あるルックスと抜群のバラエティ⼒を持つ春菜と、おしとやかながら多芸多才なはるかからなる。個性的なキャラクター同士の掛け合いは幅広い層から人気を博しており、唯一無二の地位を確⽴している実⼒派。(※クワトロキャスト※日替わり出演)

どぶろっく(森慎太郎・江⼝直人)

(左)森慎太郎(右)江口直人

(左)森慎太郎(右)江口直人

保育園から大学まですべて同じ学校に通っていた幼なじみの2人がコンビ結成。下ネタやあるあるを題材とした歌ネタを得意とし、その中でも「もしかしてだけど」は2013年にCD化されるなど代表作となった。「キングオブコント2019」では⾒事優勝を果たした。ロックバンド形態のどぶろっかーずとしても音楽活動を展開中。(※クワトロキャスト※日替わり出演)

阿佐ヶ谷姉妹(渡辺江里子・木村美穂)

(左)木村美穂(右)渡辺江里⼦

(左)木村美穂(右)渡辺江里⼦

東京乾電池研究所在籍中に知り合い、シティボーイズの話題で意気投合し友人関係に。2007年にお笑いライブデビューを果たし、歌唱⼒を生かした歌ネタのほか、おばさん同士のやりとりを描くコントが人気。18年「⼥芸人No.1決定戦THE W」で優勝。(※クワトロキャスト※日替わり出演)