DJをテーマにしたメディアミックスプロジェクト・D4DJ内のユニット・Happy Around!が、3月14日、Zepp Osaka Baysideにて『Happy Around! 2nd LIVE みんなにハピやね♪』を開催した。自身2回目、そして大阪では初となる同ライブの昼公演の模様をレポートする。

各務華梨(明石真秀役)

各務華梨(明石真秀役)

舞台中央の大きなDJブースに各務華梨(明石真秀役)がスタンバイし、そのプレイで会場を温めると「出番だよ!」と西尾夕香(愛本りんく役)を呼び込んでライブはスタート。西尾が圧巻の高速ラップを披露する「気分上々↑↑」のカバーを皮 切りに5曲を立て続けに披露、さらにフロアをヒートアップさせる。「Make My Style」ではモニターに映る映像とメンバーのダンスのシンクロでファンをアニメーションの世界へと誘い、ライブタイトルの元にもなっている曲「君にハピあれ♪」では各務が今日のために作ったというサンプラーの「なんでやねん」をミックス。出だしから見どころも聴きどころも満載だ。また、初めて披露するカバー曲「Help me, ERINNNNNN!!」では各務がDJブースの上に立って煽り、オーディエンスが心で叫ぶ「えーりんコール」が聞こえてきそうなほどの熱狂を生み出す。

葉月ひまり(日高さおり役)

葉月ひまり(日高さおり役)

すると今度はステージが暗転し、メンバーと入れ替わってゲストDJによるDJTIMEがスタート。専用のDJブースと共に登場したのは、Happy Around!と同じD4DJ内のユニット・Merm4idのメンバーである葉月ひまり(日高さおり役)だ。頭上のカメラがとらえてモニターに映し出す、そのテクニックでアッパーチューンをつなぎ、大いに人々を跳ねさせる。おかげで熱は少しも下がることなく、そのままライブは中盤戦へ突入。

まずは各務が「私の気持ちを込めた曲なんだ。でも恥ずかしいからメンバーには内緒だからね」と語る「Happy Around Days」でさわやかな空気を放つと、次は志崎樺音(渡月 麗役)がアルトボイスで歌唱力を見せつける「Brand New World」で周囲をエモーショナルな雰囲気に変え、客席は麗のカラー、ブルーのサイリウムの光で埋め尽くされる。また、各務が「みんなは気づいたかな? 実は今回のセトリは、ハピアラの今までを振り返るセトリにしてみたんだ」と話すと、西尾が「思い出深い一曲なんだよね」と、三村とともにガーリーなラップナンバー「HONEST-happy a word-」を披露。そこからは制服姿のメンバーが描かれるMV映像を背景にした「Happy Music♪」などを続け、バラエティ豊かなHappy Around!のオリジナルナンバーで魅了。2度目のDJタイムへとバトンを渡す。

三村遙佳(大鳴門むに役)

三村遙佳(大鳴門むに役)

今回は葉月×各務のダブルDJで、葉月は「すごいね。緊張とかしないの?」と、各務のここまでのパフォーマンスを絶賛。一方、各務も葉月との共演に感激しつつ、仲良く2人並んでのプレイでたっぷり約10分を駆け抜ける。

志崎樺音(渡月 麗役)

志崎樺音(渡月 麗役)

大きな拍手も起った圧巻のDJタイムのあとは、メンバーのおしゃべりで小休憩。志崎が 「(大阪の人は)たこ焼き、毎日食べてるでしょ? 絶対食べて帰ろう!」と言うと、西尾は「実は私、昨日食べたんだ。たこ焼きの親戚みたいなのを……」と返し、それに三村が「え、たこ焼きに親戚がいるの(笑)?」と、大阪グルメの話に花を咲かせて和やかなムードに。しかし告知となると、ファンが狂喜乱舞しそうなアナウンスが続々。その内容はゲーム、ラジオ、イベント、YouTubeと幅広く、彼女たちの活躍ぶりが伝わってくる。

Happy Around!

Happy Around!

特に西尾が「これは私しか知りません!」とサプライズで発表した『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』の出演決定には全員が歓喜に沸き、各務の目には涙が! 三村も「アニサマに出たいねって話してたんだよね」と語り、西尾も「泣きそう!」と感無量の様子。会場は感動に包まれる。

西尾夕香(愛本りんく役)

西尾夕香(愛本りんく役)

そしてここから4人はゴールに向けスパートを開始。3月17日リリースの新曲「SHUFFLE HEART BEAT」や初披露の「ぷっちみくパーチナィ!」などのショートミックスで畳みかけると、またもライブ初披露となる「めざせポケモンマスター」のカバーで、名作アニメの主題歌だからこそ生まれる一体感を武器に盛り上げる。加えて「恋愛レボリューション21」や「行くぜっ!怪盗少女」などの国民的アイドルソングを含むカバーを4曲連発し、おなじみのサビで高揚させたり、観客のタオルやサイリウムをぐるぐるとスピンさせたりして、誰もがアクセル全開に。さらに続く「Direct Drive!」では前向きなメッセージを伝えて大ジャンプで大地を揺らすと、メンバーそれぞれに感謝の気持ちを口にし、三村の「みんな大好きやで〜!」から、彼女たちのテーマ曲とも言える「Dig Delight!」でフィナーレへ。

Happy Around!

Happy Around!

各務のラップに続いて西尾のハイトーンも響き渡り、観客はビートに合わせてバウンド。最後の最後まで熱量十分のまま、約90分のライブはついに終わりの時を迎えた。去り際、メンバーはラインナップしてゆっくりとお辞儀。これには大きくて温かな拍手が惜しみなくおくられ、その光景はHappy Around!初の大阪公演の大成功を表しているようだった。

Happy Around!

Happy Around!

取材・文=服田昌子