2021年4月16日(金)〜29日(木・祝)東京・あうるすぽっとにて、FICTIONAL STAGE『亡国のワルツ』が上演される。この度、本公演の追加出演者が発表された。また、キービジュアルの解禁、アフタートークイベント出演者の組み合わせも公開となった。

本作は、毛利亘宏(少年社中)が作・演出する完全オリジナルの新作演劇作品。虚構の“日本”を舞台に毛利がこれまでにない社会派な作品をエンターテインメントにしておくる。総勢9人の出演者が、革命家たちに紛れ込んだスパイを探すというスリリングな密室劇であり、激しいダイアローグがぶつかり合う会話劇に挑む。

すでに本公演の出演が発表されている前山剛久、廣瀬友祐、荒井敦史、廿浦裕介、長谷川太郎、多和田任益(梅棒)、奥田達士、小川菜摘に加え、今回、新たに北原里英の出演が決定した。

ワタナベ役 北原里英  コメント

北原里英

北原里英

いつかご一緒したいと思っていた毛利亘宏さんの作・演出の舞台に参加できるということでとてもとても嬉しいです。みなぎっております。
革命家6人の中で唯一の女性ですが性別関係なく、フルパワーでお芝居できたらなと思っています。
内容も、今の日本にグサっと刺さる点もあるので、観た方が帰り道に思わず考えてしまうような、他人事ではないと思ってもらえるものにしたいです。体幹をしっかりとして重みのある演劇にできたらな、と思っております。個人的には一年半ぶりくらいの舞台なので、人前に立つのは緊張しますが。笑
それも含めワクワクしています。頑張ります!


また、作品本編ビジュアルとは異なる“現体制に異を唱える若き革命家”をテーマに前山・廣瀬の二人を撮影したイメージビジュアルを他の出演者に先行して解禁となった。革命家二人をキービジュアルとして展開していくそうだ。

さらに終演後、舞台上にて行うアフタートークイベントの出演者の組み合わせも発表された。ここだけのスペシャルトークも見逃さないでおこう。