2021年4月1日(木)22:00よりNHK・Eテレの新番組『クラシックTV』が放送開始となる。

『クラシックTV』はビギナー向けのクラシック音楽番組で、ピアニスト清塚信也と歌手・モデルの鈴木愛理が司会を務める。クラシック音楽だけでなく、ロック、ポップス、民族音楽などを多彩なゲストとともに、音楽の魅力・秘密を「ルーツ」に立ち返って解明する。

第一回(4月1日放送)ゲストは今井翼。20代からフラメンコに取り組むなどスペイン文化に造詣の深い今井翼とともに、スペイン音楽の魅力を探る。続く第二回(4月8日放送)にはシンガーソングライターのmiletを招き、ロシア出身の作曲家ラフマニノフを取り上げる。

司会の清塚、鈴木よりコメントが届いた。

第1回「今井翼×フラメンコ」

第1回「今井翼×フラメンコ」

第2回「milet×ラフマニノフ」

第2回「milet×ラフマニノフ」

司会・清塚信也

清塚信也

清塚信也

クラシックというのは実は音楽ジャンルを象徴した言葉ではありません。古い歴史そのものを指すので、どんな音楽も古くなっていくとクラシックになります。ポップス、洋楽、ジャズが好きな方も必ず自分に合った回が見られますので、歴史と自分の好みや、生活にある音楽が結びつく快感をこの番組で是非体感してほしいです。

司会・鈴木愛理

鈴木愛理

鈴木愛理

クラシックは、足を踏み入れるのに勇気がいるものという印象でした。学校では教えてくれないクラシックの新しい側面に触れられる、ビギナーも入りやすい番組です。笑いながらご覧いただける時間になると思いますので、是非ご覧ください。