3月17日にベストアルバム『TWILIGHT WANDERERS - BEST OF YUJI NAKADA 2011-2020 -』をリリースした中田裕二が、3月20日(土)と21日(日)の“たそがれ時”に、オンライン上で “リアルタイム鑑賞会”を行うことを発表した。

ツイッターと連動した誰でも参加できるオンラインでの鑑賞会で、開始時刻にベストアルバムの再生ボタンを押すだけ。「ハッシュタグ #たそがれ会」でつぶやくと、中田本人からリツイートされる可能性も。

3月17日(水)発売ソロ10周年記念ベストアルバム『TWILIGHT WANDERERS - BEST OF YUJI NAKADA 2011-2020 -』は、2011年3月に配信リリースされた「ひかりのまち」から、昨年2020年11月リリースの最新作『PORTAS』までの全オリジナル作品の中から厳選された31曲(全曲、メトロポリス・スタジオの名匠・トニー・カズンズによるリマスタリング)に、このたびレコーディングされた新曲2曲を加えた計33曲を収録した2枚のCDと、ミュージックビデオ20作品が収録されたDVDからなる3枚組。この10年で10作のオリジナルアルバムを発表してきた中田のソロキャリアを総括する、決定版ともいうべき内容となっている。

レーベルのオンラインショップでは、通常盤に、秘蔵のライブ&オフショット映像で構成された映像作品を収めたDVDや、レア写真満載のフォトブックなどをバンドルした“デラックス・エディション”が数量限定で販売される。

さらに、10周年記念本『TOKYO NEON TRIPPER』(トーキョー・ネオン・トリッパー)が、ベストアルバムと同日の3月17日(水)にタワーレコード限定で発売される。雑誌『音楽と人』で掲載された2011年のソロデビュー以降の写真、およびインタビュー記事の再録をはじめ、同誌にて2016年から継続している中田の連載コラム「東京ネオントリップ」からセレクトした東京のお店ガイド、さらに中田自身が様々なウェブメディアで公開してきた10年分の日記やエッセイのピックアップ、その他未発表写真など、盛り沢山の内容となっている。