あうるすぽっとが、2021年度、主催&タイアップ公演のラインアップを公式サイトにて発表した。

21年度のあうるすぽっとは、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン等を踏まえながら、6月の国際共同制作作品を皮切りに、演劇、ダンス、伝統芸能など多彩な演目をおくる。
また、「みんなの劇場」と銘打つあうるすぽっとは、公演ごとに各種アクセシビリティを充実させ、初めて舞台芸術に触れる方から見巧者まで、どなたでも楽しめるラインアップを上演する。

<主催公演>

インクルーシブ・シアタークリエーション・プロジェクト
日・英・バングラデシュ 3か国共同事業
『テンペスト〜はじめて海を泳ぐには〜』 

【日程】2021年6月1日(火)〜6(日)
【総合演出】ジェニー・シーレイ
【演出】大橋ひろえ  岡 康史
【出演】
(日本)大橋ひろえ  瀬川サチカ  関場理生 
田代英忠  平塚かず美  柳 浩太郎 ほか 

障害があるアーティストによるシェイクスピアの「テンペスト」を大胆に構成して描く新作パフォーマンス。

『絵本のじかんだよ!』

【日程】2021年7月27日(火)・28日(水)
【出演】小林顕作 

あうるすぽっと夏の恒例! 子どもも大人も楽しめる、小林顕作による絵本の読み聞かせ公演。

子どもに見せたい舞台 vol.15
ダンス劇『マリーの夢』 

【日程】2021年8月10日(火)〜15日(日)

【作・演出・振付】熊谷拓明
【出演】
鴨川てんし(燐光群) 五十嵐結也 中村 蓉
 東出宜子* 原 佑介* 稲葉由佳利* 福島玖宇也* 熊谷拓明*
(*=踊る「熊谷拓明」カンパニー)ほか 

同シリーズ15作目は、三大バレエ『くるみ割り人形』で知られるホフマン原作「クルミわりとネズミの王さま」をベースに創作。夢と現実が入り混じって紡ぎ出される幻想的な物語。

電動夏子安置システム
第31回池袋演劇祭大賞受賞作品
『ベンジャミンの教室』 

【日程】2021年9月16日(木)〜20日(月・祝)予定

「喜劇=笑える悲劇」の理念の下、一つの笑いを生み出すために論理を積み重ねて導き出す「ロジカル・コメディ」という独自の手法で作品を創作する劇団の演劇公演。 

『にゅ〜盆踊り』 

【日程】2021年9月20日(月・祝)
【開催場所】池袋西口公園野外劇場 グローバルリング シアター
【出演】コンドルズ 

2008年開始以来、豊島区の夏の風物詩として多くの方々から愛されている、コンドルズ率いる近藤良平氏振付の新しい形の盆踊り。WEBで発信した新振付も披露する。

みんなのシリーズ第6弾『能でよむ〜漱石と八雲〜』 

【日程】2021年10月2日(土)または 3日(日)
※新潟・熊本ツアーあり。
【演目】『夢十夜』より「第一夜」 原作:夏目漱石
『吾輩は猫である』 鼠の段 原作:夏目漱石 ※手話付き上演
『破られた約束』 原作:小泉八雲
【出演】安田 登  玉川奈々福  塩高和之  聞き手:木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰) スペシャルトーク決定
【出演】安田 登  木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)/ゲスト:いとうせいこう 

観劇サポート付きのシリーズ第6弾。夏目漱石は長く能の謡を趣味として続けており、小泉八雲は叶えられなかったが能の翻訳集を出版したがっていたほどと言われている。二人も愛した"能"と"怪談"をキーワードに、能楽師・浪曲師の鍛えられ洗練された声と三味線・琵琶の音色で紡ぐリーディング公演。

神田阿久鯉・神田伯山連続読み『慶安太平記』 

【日程】2021年10月5日(火)〜9日(土)

 【出演】神田阿久鯉  神田伯山 

古典連続物を得意とする次代を担う神田阿久鯉と、新進気鋭の神田伯山の注目の姉弟コンビの連続読み。幕府転覆をはかる由井正雪の波瀾万丈な生涯を語る全19席を 5 夜連続で完全通し上演。

『奈々福の、惚れるひと。』 

【日程】2021年10月10日(日)
【出演】
神田愛山  旭堂南海  玉川奈々福
(曲師:沢村豊子) 

芸を追及するひと、に惚れるひと。語る芸、話す術に魅せられた浪曲師の玉川奈々福が、日本の伝統話芸の分野で "惚れるひと"を紹介する大人気シリーズ第4弾。

おどる演劇『十二夜』 

【日程】2021年10月14日(木)〜17日(日)
【原作】W.シェイクスピア
【振付・構成・演出】スズキ拓朗 

シェイクスピアの「十二夜」を、ダンス・映像・演劇・音楽でにぎやかに構成する公演。

『柳家三三 三夜×三席』 

【日程】2021年10月26日(火)〜28日(木)
【出演】柳家三三

柳家三三の芸を心こころゆくまで楽しめる、三夜連続のスペシャルな公演。

神田愛山→神田伯山『相伝の会』 

【日程】2021年10月29日(金)・2022年 3月11日(金)
【出演】神田愛山 神田伯山 

相伝とは、代々受け継いでで伝えること。愛山が口演したネタを、次回、伯山がネタおろし。愛山が伯山に講談の読み物を伝授するシリーズのはじまり。

講談師 神田伯山 新春連続読み『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演 

【日程】2022年1月6日(木)〜16日(日)
※名古屋・福岡ツアーあり
【出演】神田伯山 

二刀流の伝説の剣豪が死闘を繰り返し西へ西へと旅をする17席の物語。

<タイアップ公演>

りゅーとぴあ発「ハリネズミ」

【日程】2021年6月10日(木)〜15日(火)

渡辺徹、内貴博が出演する、精神科医・伊良部シリーズ第二弾。上演台本・演出は笹部博司、ステージングは舘形比呂一。

serial number『hedge1-2-3』 

【日程】2021年7月8日(木)〜19日(月・祝)

詩森ろば 作・演出による本格的経済演劇「hedge」「insider」に新作「trust」を加えた、連続上演企画。

ティーファクトリー『4』

【日程】2021年8月18日(水)〜24日(火)
【出演】今井朋彦  加藤虎ノ介  川口 覚  池岡亮介  小林 隆

川村毅作・演出。第16回鶴屋南北戯曲賞、第63回文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した『4』を劇作家自らの初演出で上演。設定された役割から紡がれるモノローグと対話から浮かび上がる男たちの苦悩。

『コンドルズの遊育計画 2021』 

【日程】2021年11月20日(土)・21日(日)

0歳から入場できるからだを使った遊び体験。コンドルズによる劇場の不思議をたくさん使った工夫が一杯の参加型パフォーマンス。

花組芝居『シャンソマニア II〜葵〜』

【日程】2021年11月26日(金)〜12月5日(日)

加納幸和が俳優・演出・脚本を兼任する座長をつとめ、奇妙で、美しく、魅力に溢れた「加納ワールド」を男優だけで演じる「ネオかぶき」。

CHAiroiPLIN 新作公演 

【日程】2022年1月20日(木)〜23日(日)

新進気鋭の振付家・ダンサーのスズキ拓朗が振付・構成・演出をつとめるCHAiroiPLINの新作公演。

マグナム☆マダム公演

【日程】2022年1月29日(土)・30日(日)

振付家・ダンサー山口夏絵が主宰するアラフォー女性ダンスカンパニーによる新作公演。「社会で闘う女性たちを応援したい」をモットーにユーモアとエネルギー溢れる作品を上演。

CONDORS 春公演 

【日程】2022 年 3月1日(火)〜6日(日)

日本のコンテンポラリーダンス界を代表し、牽引してきた近藤良平主宰のダンスカンパニー・コンドルズによる本公演。