「歌を抱えて、歩いていく」 プロジェクトを進行中のポルノグラフィティ岡野昭仁が、2020年4月より発信し続けているYouTubeとスペースシャワーTVとが連動した番組『DISPATCHERS』と同タイトルとなる、初の配信ライヴを開催することを発表した。
今年に入って早々に「歌を抱えて、歩いていく」 プロジェクトの第一弾として、デジタルシングル『光あれ』を配信リリース。日本だけでなくアジアでも抜群の人気を誇る作曲家・澤野弘之作曲、ヨルシカn-buna作詞の意欲作で、さらにそのMVでは、人気You Tuber進撃のYとコラボレーション。進撃のYは、「もしもヘタクソがキックを100万回練習したら?」という企画でシュートを数年間打ち続け、徐々に上達していく様子を映像化。そんなコラボMVは、「光に向かって何かをやり続ける人」を応援する作品として、YouTube上で話題を呼んでいる。
今なお続くコロナ禍でも、前へ踏み出す人々に“光あれ” という気持ちを込め、「歌を抱えて、歩いていく」 プロジェクト初の配信ライヴを開催。”DISPATCHERS=発信者”という意味を持つ配信ライヴでは、ポルノグラフィティの楽曲から自身のソロ楽曲に加えて、番組『DISPATCHERS』同様、様々なアーティストのカバー楽曲も披露する。