2021年5月29日(土)・30日(日)の2日間にわたり、日比谷公園とその周辺施設にて『日比谷音楽祭 2021』が開催。その模様をオンライン生配信することが決定した。

『日比谷音楽祭』は、東京・日比谷公園を日本の新たな音楽文化発信の拠点としたい、素晴らしい音楽を生の演奏で聴く機会を提供したいという、音楽プロデューサー・亀田誠治の想いから、多様性を受容し、世代・国籍・障がい・経済格差などを超えて、“フリーで誰もが参加できるボーダーレスな音楽祭”として2019年よりスタート。

2020年は、新型コロナウイルスの影響により開催中止を決定するも、YouTube 生配信と連動したラジオ特別番組『日比谷音楽まつりONRADIO/ONLINE』を実施。出演予定だった豪華アーティストたちがリモートで出演し、スタジオの亀田誠治とともに「日比谷音楽祭」や「音楽の現在」「音楽の未来」について語り合い、スペシャルリモートセッションも届けた。また、開催中止で仕事を失ったスタッフへのサポートを呼びかけるクラウドファンディングを実施するなど、未曾有の危機に直面する社会においても、音楽やエンタテインメントの力を止めないために奔走してきた。

そして2021年、日比谷音楽祭は、リアルの場で開催することと生配信でお届け。日比谷音楽祭への入場・参加は無料で、ステージに立つアーティストや、それを楽しむお客さん誰もが屈託なくライブを楽しめるように感染防止対策を徹底しながら行われる。

そして、これまでの枠を超えて新しい音楽の循環を“みんなで”つくり、音楽文化を育んでいきたい。そのきっかけとなる、誰もが音楽と触れ合い、音楽と出会える場所の創出を目指す。現在出演が決定しているのは、初年度に続きKREVA、新妻聖子、11歳のドラマーYOYOKA、昨年出演が発表されていたDREAMS COME TRUE、桜井和寿、MIYAVI、三味線演奏家の上妻宏光に加え、日比谷音楽祭初登場となる Little Glee Monster やギタリストの山岸竜之介、など、親子孫三世代で楽しめるようにジャンルも多岐にわたる。今後も出演アーティストは増える予定だ。

『日比谷音楽祭 2021』では、YAON(日比谷公園大音楽堂[野音])でのスペシャルライブだけでなく、一昨年と同様に、日比谷公園や東京ミッドタウン日比谷内に展開するいくつものステージでの多様なライブや、ワークショップやトークショーなどのコンテンツが行われる。新型コロナウイルス感染予防対策として、抽選制の無料チケットが必要な「YAON」以外のステージや各エリアについても人数規制や事前の予約が必要なものがあるので、詳細は随時オフィシャルサイトで確認しよう。

また、日比谷音楽祭実行委員会では、クラウドファンディングサイト「READYFOR」にて、『日比谷音楽祭 2021| みんなでつくる音楽祭の実現へ向けて』を3月22日(月)よりスタートしている。