2021年6月4日(金)〜13日(日) 本多劇場にて上演されるA New Musical『ゆびさきと恋々』より、豊原江理佳演じる主人公 雪と、前山剛久演じる先輩 逸臣のビジュアルが公開となった。また、雪の親友 りん役の林愛夏、逸臣に思いを寄せるエマ役の青野紗穂、雪の幼馴染 桜志役の池岡亮介、逸臣の親友 心役の宮城紘大、逸臣の従兄でバイト先の店長 京弥役の上山竜治らメインキャストのコメントも到着した。

本作は、講談社「デザート」にて2019年9月号より連載を開始した『ゆびさきと恋々』(森下suu)を原作としたもの。第1話からSNSで大反響をよび、1巻発売後たちまち25万部を突破。「第11回ananマンガ大賞」大賞受賞、BookLive!「年刊書店員すず木2021」オンナ編第1位、宝島社「このマンガがすごい!2021」オンナ編第9位、「次にくるマンガ大賞2020」第17位を獲得している。

ビジュアル・キャストコメントにあわせてアンサンブルキャストや、オリジナルミュージカルを創り上げるオールスタッフも決定。演劇界の第一線で活躍するクリエイティブスタッフ陣に加え、自身も手話をひとつの言語として活動する俳優の三浦剛、自身も聴覚障がいを有する女優の忍足亜希子が手話指導として参加する。さらに音楽は、ピアノ(森本夏生)とチェロ(白神あき絵)の生演奏に決定した。チケットの先行受付は、本日3月24日(水)12:00より受付開始となる。

豊原江理佳&前山剛久ビジュアル

豊原江理佳

豊原江理佳

前山剛久

前山剛久

キャストコメント

りん役 林愛夏

少女漫画のミュージカル化とお聞きして、「ゆびさきと恋々」の繊細な内容をどのように表現出来るのかとても楽しみです!お客様に作品の魅力をお届け出来る様に頑張ります。りんとの共通点は友達には恋愛のアドバイスができるのに自分のことになると不器用なところだと思います。そんな友達想いのりんの恋も楽しみです。声の壁を超えて繋がる2人の幸せを願って、可愛いくてひたむきな雪を全力でサポートします!

エマ役 青野紗穂

今回エマ役で出させていただきます!
本当にありがとうございます。
今まで参加したことのないキュンキュン作品に今から緊張しています。
雪と逸臣。
逸臣に恋をするエマ。
エマに片思いの心。
日々の中で雪のような障害を持った子と接する事もあるとおもうのですが、実際どう接するのが正解なのかとか、相手はどう思ってるのかとか、キュンキュンなシーン以外でも沢山考えさせられる舞台になると思っています。
「世界は広いですか?」と言う1話に出てきた雪の言葉が、沢山の意味に解釈できるような素敵な世界観を作れるよう頑張ります!
人との繋がりや、コミュニケーションの取り方など、改めて大事にしようと思える作品だと思います!
とっても楽しみです!
皆様に会える日を心待ちにしています!

桜志役 池岡亮介

『ゆびさきと恋々』は、とても表情豊かで魅力溢れるキャラクターばかりです。
気持ちを伝えることの難しさ、大切さを感じる日々…。
どんなに不器用だろうが、どれだけ拙かろうが懸命に想いを届けようとする登場人物たちに是非会いに来て下さい。
大いにキュンキュンしていただけたら嬉しいです!

心役 宮城紘大

皆さま初めまして。
心役の宮城紘大です。
色んな言葉や想いが飛び交う今のこのご時世で、こんなにメッセージ性のある作品に出演出来ること。本当に幸せです。
原作を読みましたが、繊細な描写、登場人物の心の中の想いが凄く素敵で僕自身この作品のファンになりました。
素敵なキャストの方々と共演出来ること。
そしてミュージカルに出演した経験がまだ少ない僕ですが精一杯この作品の一部になれるよう精進します。
よろしくお願いします。

京弥役 上山竜治

コロナ禍で直接顔を合わすことが難しい中、大切な家族や友人とどうやって心を繋げることができるかを模索し続けました。
原作では障害を抱えながらも言語を超え、想いを届けようと奮闘する登場人物達に共感し、とても感情移入しました。
舞台上で懸命に生きる僕らをぜひ楽しみにしていてください。