DDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスは6月6日(日)、さいたまスーパーアリーナで4団体合同興行『CyberFight Festival 2021』を開催する。

当日は各団体による提供試合のほか、KO-D無差別級選手権試合、GHCヘビー級選手権試合、プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合の三大タイトルマッチが行われる予定。すでに発表されている対戦カードでは、DDTとノアによる対抗戦が2試合組まれている。

竹下幸之介&上野勇希(DDT)vs 清宮海斗&稲村愛輝(ノア)

竹下幸之介&上野勇希(DDT)vs 清宮海斗&稲村愛輝(ノア)

【DDTvsNOAH対抗戦】
竹下幸之介&上野勇希(DDT)
vs
清宮海斗&稲村愛輝(ノア)


【オープニングマッチ DDTvsNOAH対抗戦】
飯野雄貴&中村圭吾&小嶋斗偉(DDT)
vs
宮脇純太&岡田欣也&矢野安崇(ノア)

竹下と清宮は実に2年ぶりの対戦となった。近未来のプロレス界を担う存在であり、同じような立場にいる2人が、この試合で決着をつける。

【稲村】
「この試合が意味のある試合になるように、そして自分たちの強さを示せるように正々堂々と竹下選手、上野選手と戦いたいと思います」

【清宮】
「この対戦に新鮮さと未来の景色を感じています。竹下選手、上野選手の現在の居場所というのが、僕の中ではっきりとしない部分があります。それは僕たちも同じことです。僕は今回の対決は通過点であると思っています。俺たち世代の新しい景色をぶつけて、この大会の主役になって。その後、自分たちの居場所を完成させたときに、この通過点を線に繋げたいと思います」

【上野】
「この対抗戦で色々なことが比べられると思います。僕はDDTで『プロレスは楽しい』ということを伝えるというのを心情としてやっています。このDDTのプロレスというのは誤解されたり、舐められたりします。でも、僕は楽しいと強いというのは両立すると思います。この対抗戦で『僕たちは強くて楽しんでいるんだぞ』というのを証明するために、勝ちにこだわっていきたいと思います」

【竹下】
「プロレスの強さという部分では、DDTよりノアの方が上と思われがちかです。『舐めんなよ』と。当日この試合を見てもらったら、どっちの方が強いのかはっきりとわかるような試合を見せたいと思います。清宮選手も僕と比べられて面倒臭いと思うので、この試合ではっきりさせましょう」


オープニングマッチに挑む6選手のコメントは以下の通り。

【矢野】
「全力で頑張ります」

【岡田】
「DDTファンをノアファンにするような熱い戦いをして、第一試合から盛り上げます」

【宮脇】
「DDTの練習はすごいと思いますが、ノアでの練習は質、量ともに一番だと思います。この3人の実力を世界中に発信していきたいと思います」

【小嶋】
「さいたまスーパーアリーナに出場して満足せず、飯野さん、中村さんではなく、僕が勝ちに行きます」

【中村】
「僕は身体が小さいですが、さいたまスーパーアリーナという大きい会場で名前を残せるように、オープニングマッチから頑張っていきます」

【飯野】
「ノアをぶっ潰して、DDTが勝って、ノアにDDTを見せたいと思います。(ノアの選手は)体が細いので、僕が一番暴れて勝ちたいと思います」