2021年3月4日(木)より開催されている、歌舞伎座『三月大歌舞伎』が本日3月26日(金)の第二部の上演を中止したことを発表した。中止の理由は、第二部に出演中の清元清寿太夫がPCR検査の結果、「陽性」であることが確認されたことを受けて。

歌舞伎座より

歌舞伎座では保健所の調査を受けるとともに、「歌舞伎座新型コロナウイルス安全対策ガイドライン」に則り、消毒ならびに第二部の出演者・スタッフのPCR検査を行います。
そのため本日3月26日(金)の第二部につきましては、上演を中止いたします。明日以降の公演につきましては、決定次第改めてお知らせいたします。
なお、劇場内の該当箇所等の消毒を実施し、また、客席への影響はないことを確認いたしましたので、第一部ならびに、第三部の公演につきましては、予定通り上演いたします。
また、当人に対する健康状態の経過観察を行うと共に、保健所の判断に従い、随時、必要な対応をして参ります。

中止いたしました公演のご入場券の払い戻し方法につきましては、決定次第、歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」(かぶきびと)にて、お知らせいたします。

今後も、歌舞伎座では、専門家の指導のもと、ご来場の皆様は勿論のこと、出演者、公演に携わる全ての関係者の安全を確保し感染拡大防止に向け、迅速に対応してまいります。

皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げますとともに、引き続きご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

『三月大歌舞伎』3月27日(土)以降の公演について新たに公式サイトにて発表された。本日3月26日(金)の第二部の上演が中止となったが、保健所の指導、ならびに第二部の出演者・スタッフのPCR検査の結果を踏まえる必要があり、引き続き、明日3月27日(土)の第二部についても中止となるそうだ。28日(日)以降については、決定次第改めてお知らせするとのこと。

なお、劇場内の該当箇所等の消毒を実施し、また、客席への影響はないことが確認されたので、第一部ならびに、第三部の公演については、27日(土)以降も予定通り上演される。中止となった公演の入場券の払い戻し方法については歌舞伎公式サイトを参照。