ミュージカルクリエイター・浅井さやかが主宰するオリジナルミュージカルカンパニーOne on One(ワンオンワン)が、One on One 32nd note『無題 1[MONO] MONO]―』を2021年4月14日(水)〜18日(日)CBGK シブゲキ!!にて上演する。本公演は、One on One 20周年記念公演 第一弾となる。

浅井は早稲田大学ミュージカル研究会を引退後、2001年秋、作、演出、音楽、すべてを浅井が担うという体制で、オリジナルミュージカルを上演するOne on One を旗揚げ。所属俳優を持たないプロデューススタイルでオリジナルミュージカルの上演を重ね、今年20周年を迎える。

One on One は「誰もが感じたある想いを、音楽にのせて届けたい」というテーマのもと、コメディタッチで芝居中心の作品から、全篇の80%が音楽で構成される音楽劇、ショートミュージカルライブなど、幅広い作品を上演してきた。
脚本、演出にとどまらず、音楽についても評価が高く、浅井はミュージカルクリエイターとして、舞台『魔法使いの約束』脚本、ミュージカル『しゃばけ』演出・音楽、『最遊記歌劇伝』シリーズ音楽、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの一部作詞など、さまざまなポジションにおいて、外部での活動を広げている。

本作は2005年10作品目として上演された『-1[MONO]-』のリニューアル再演。初演作品から大きくリライトを行い、ミュージカルナンバーもパワーアップしている。
出演には、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー』や ミュージカル『忍たま乱太郎』などで注目の秋沢健太朗、ミュージカル『テニスの王子様』3rd シーズン大石秀一郎役をつとめた石田隼ら、2.5次元ミュージカルで活躍中の俳優から、ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役をつとめた田村良太、ミュージカル『エリザベート』皇太子ルドルフ役をつとめた坂口湧久ら、実力派ミュージカル俳優など多彩なキャストがそろった。
さらに一部公演において、終演後にアフタースペシャルライブの開催が決定した。終演後、本編の楽曲や過去公演から人気のあの曲などを特別バージョンにて披露する。全身でOne on Oneの音楽を体感できる贅沢な内容を予定しているとのことだ。