シンガーソングライター特化型・音楽配信番組『HEY! LOOK AT ME NOW!』(読み方:ヘイ! ルック アット ミー ナウ!)の第4回放送が、3月29日(月)に有料ストリーミング・サービスStreaming+にて放送された。

この番組は、タイトル和訳の「ねえ!今の私を見て!」の通り、共演者同士のセッション・トークなど、普段のライブでは観ることができないシンガーソングライターとしての“今の姿”をお届けしていく生配信音楽番組である。
不器用ながらも、まっすぐに伝える歌詞が同世代の男女に共感を呼んでいるシンガーソングライター・みきなつみが番組のナビゲーターを担当。vol.4を迎えた今回は、小林柊矢とmihoro*がゲストとして出演した。

今回も「みなさんこんばんはー!」と、みきなつみの元気な挨拶から始まった『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』。番組紹介をすると早速1組目のゲスト、小林柊矢のライブへ。
 

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

ギターを持ち、早速1曲目の「ハッピーエンドの前説」を独特なリズムと抜群の歌唱力で披露すると、続いて「ドライヤー」をしっとりと切なく歌う小林。伸びやかな歌声が会場に響いているのが、観ているこちらにも伝わってくる。
途中MCで「この配信を観てくれているみんなの中には、僕目当てで観てくれている人も、僕のことを知らずにみきなつみさん、mihoro*さんのファンでたまたま僕を観てくれているっていう人もいると思う。そういう1つ1つの色んな出会いに感謝して歌いたい」と語ると、中島みゆき「糸」のカバーを披露。そして初めて嫉妬を感じた時に制作したという「嫉妬」、初めてピアノで、女性目線で制作したという新曲「茶色のセーター」も初披露してくれた。
優しくも力強い歌声が心に沁みわたり、小林柊矢の世界観に溺れた25分間となった。

ライブ終了後、早速みきなつみ×小林柊矢のトークコーナーへ。
ライブ直後の小林に感想を聞くと「トップバッターは緊張する。久々のライブだったが、1回だけやったライブの感覚を思い出して、精一杯自分の伝えたい思いとかが届けられたんじゃないかと思う。」と心境を語ってくれた。
今回は事前にTwitterでゲストへの質問を募集し、その中から選ばれた質問にゲストが回答していく。「歌は思い浮かんだ時にメモしてる?それとも作るぞって決めてから作ってる?」という質問に対して、小林「歌詞はいいフレーズが思いついたらメモ、メロディは作るぞ!って決めてから、歌詞にメロディをのせていってる。」と回答。それに対し、みき「詞は思いついたら街中でもメモしたりする?」と問うと、小林「友達と遊んでる途中もメモをとったりします(笑)」と、楽曲制作に対してストイックな印象がうかがえた。ほかにも「20歳の誕生日は何をしたか」、「催眠術シンガー小林柊矢」の話など、様々な小林の一面を知ることができるトークとなった。
 

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

小林とのトークが盛り上がったところで、2組目のゲスト、mihoro*のライブパートへ。
暗い照明の中、ギターを手にし現れたmihoro*は、まず「ナチュラルハイ」を披露。心地よいハイトーンで切ない歌詞を紡いでいく。続く2曲目では、軽快なリズムで「いつか、」を歌い上げると「リアルタイムでコメントが見えるの嬉しいのでたくさんしてほしい。短い時間だけど、ライブもこのあとも最後の最後まで楽しんでいってもらいたい。」と、3曲目「知らないワタシ」を披露。続く4曲目は、かわいらしさと格好よさのギャップに惹かれる「電車に乗って」を少しダークに歌い、5曲目「遊んでたの、知ってるよ。」で感情的に切ない恋愛模様を歌い上げ、視聴者を共感の波へさらった。
途中、「「コドモノママデ」のMVもあと1人2万回ずつ観てもらえたら200万回再生いくので観てほしい(笑)。このあともたくさん面白いことが続くので楽しんでいってね。」と、最後に最新デジタルシングル「証」を披露。恋する気持ちを苦く切ない歌詞で表現し、透き通る歌声で歌い上げたmihoro*のライブは、視聴者の心に残るパフォーマンスとなった。

ライブパートが終了すると、みきなつみ×mihoro*のトークコーナーへ。
ライブ終了直後のmihoro*は「配信ライブ何回かやったんですけど、まだちょっと慣れなくて、緊張がすごい。」と率直な感想を聞かせてくれた。
こちらでもTwitterで事前に応募した質問を投げかけていく。
mihoro*の動画を見てギターを始めたという質問者からの「ギターを始めたきっかけは?」という問いに、mihoro*「中学3年生の時に部活を引退してから暇でやることがなくて、お父さんが使ってたギターを触ったのが最初だった。何もギターの知識がないときに、私もカバー動画を見て練習していたので、同じことをしてくれている人がいることが嬉しい」とコメントしてくれた。他にも「メジャーデビュー決定後の心境」や「可愛さの秘訣」など、普段は聞けないような1歩踏み込んだトークとなった。
 

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

最後のソロライブパフォーマンスはナビゲーターを務めるみきなつみ。
ギターを手にし、まずは「come back to me」を披露すると、「最近は春の空気・春の匂いがすごくして、外に出ると春の匂いを感じて思い出す人、思い出す日があったりする。匂いって記憶とつながっていて、今まで忘れていたりした人を思い出したりしている。次の曲も高校生の時夏の終わりに作った曲で、キンモクセイの香りを嗅ぐとこの曲を思い出す。」と、2曲目「Dear」を力強く言葉を紡いで歌い上げる。最後の曲は「またね」。またねって言える人がそばにいることが幸せな事、今そばにいる人をもっと大切にしたいという気持ちが、画面越しでもひしひしと伝わってきた。

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

続いてはお待ちかねのセッションパートへ。
まずはみきなつみ×小林柊矢で「大人になる前に」。この曲を選曲した小林は「今年二十歳になり、これから大人になったなって思うことが増えると思うけど、子供だったころの気持ちって悪いものだけじゃなくて、将来の夢とか野心とか、そういうものも全部忘れちゃうのはもったいないなって思って。だから大人になる自分への贈り物・プレゼントとしてこの曲を書いた。」と制作した心境を語ってくれた。
みきなつみの歌声と小林の力強い歌が合わさり、誰もがあの頃を思い出すような歌詞に、懐かしい情景が脳裏に浮かんでくるようなセッションライブとなった。

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

そしてみきなつみ×mihoro*のセッションライブへ。みきなつみがセッション楽曲に選んだのは「コドモノママデ」。
みき『偶然なのか、小林くんとの曲が「大人になる前に」 、mihoro*ちゃんとの曲が「コドモノママデ」っていうね(笑)。共感したり、懐かしい気持ちになってくれる人も多いんじゃないかと思う。』と語ると、mihoro*「この曲は大人になるっていう決意をもって制作していて、元々のタイトルは「大人になる」だった。結局は子供のままでいたかったっていう(笑)。」と制作秘話を聞かせてくれた。2人の透き通るような声はどこか似ていて、その綺麗なハーモニーは聴いていて心地よく感じるセッションライブとなった。

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

セッションライブが終了すると、みきなつみとゲスト2組でセッショントークへ。
まずは今回のお誘いを受けての感想を聞かれると、小林「ライブ自体本当に久々で、ほんとやっとライブできる!っていう嬉しさしかなかった。会場にみんながいなくても、皆の顔を想像しながら歌えた。」、mihoro*「すでにこのライブのことを知っていて、私の順番がきた!とお誘いを受けて嬉しかった。みきさんのことが元々好きなので是非!という感じ。」と語ってくれた。
そしてこの配信番組タイトルの和訳でもある、「今の私のここを見てほしい!」というところを聞かれると、mihoro*が「16歳からライブはしているんですけど、曲の作り方が変わってきているので出した曲が更新されていっていると自分でも思うし、最近の曲とかを昔の曲と聞き比べて、ライブとかも見比べてほしい。一緒に成長していることを感じてもらえたらなと!」と情熱的に語る一方で、小林は「2,3時間アツいこと語れますけど、今回はモノマネで。」と平井堅のモノマネを披露し、会場を盛り上げてくれた。
3人のセッショントークが終了したところで、今回のヘイルクも楽しかったと余韻に浸っていると、まさかの「小林柊矢の催眠術コーナー」へ。
照明もBGMもない中で、mihoro*に催眠術をかける小林。指が離れなくなる、という催眠をかけられたmihoro*は実際に指が離れなくなってしまったようだった。みきなつみが「会場スタッフの皆が嘘でしょ?っていう目をしているけど、本当なのよ!」と語るほど、小林の催眠術の腕は確かなようだった。
詳しいトークの内容やライブの様子、小林の催眠術を体験してみたい!という方は、是非アーカイブをチェックしてみてほしい。

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』

番組の最後には『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.5』の開催が発表され、ゲストとしてShunsuke Mita、「真空ホロウ」の松本明人が出演する。さらにvol.5からは生配信に加え、会場である西永福JAMで行われる収録へ参加が可能となる。配信の視聴チケットはStreaming+、会場での観覧チケットはLivepocketにて販売中だ。

今回も出演者のライブパフォーマンス、セッション、トークなど盛りだくさんでお届けした『HEY! LOOK AT ME NOW! vol.4』。この公演のアーカイブは、Streaming+にて3月31日(水)まで購入・視聴することができる。普段は見られないシンガーソングライターの一面を楽しめる『HEY! LOOK AT ME NOW!』。次回もお見逃しなく!

また今回の放送で演奏されたセットリストがSpotifyで公開中。是非そちらでも楽しんでみてほしい。