リハから本気で「MEGA SHAKE IT!」などを披露して、本番さながらに盛り上がりをみせていたのは、キュウソネコカミ。再びステージに登場すると「The band」で幕を開けると、<ロックバンドでありたいだけ>と歌い、「やっぱライブっすよね!」と叫ぶヤマサキ セイヤ(Vo.Gt)。

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

ステージに立ち、みんなの前でライブをつくっていることへの喜びを、噛みしめるようにしてギターを鳴らした。そのまま「目の前に立っている、俺たちが動いているところを焼き付けろ!」と「推しのいる生活」へ。途中、「会いたかったぜ!」と漏らすなど、目に焼き付けているのはキュウソのメンバーの方でもあり。フロアを見渡しながら、プレイする姿にグッとくる。

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

そして「メンヘラちゃん」、「ビビった」ではヨコタ シンノスケ(Key.Vo)が「自分なりのダンスで踊ってくれるかー!」と投げかけると、観客もその場で飛んで踊ってEAST UP!! STAGEがこれでもかと揺れる盛り上がりに。

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

ヤマサキの「なめんじゃねー!」の咆哮も、どんな状況下でもロックバンドであり、どんな制約があっても観客とともにライブハウスへ変えられることを証明する気概の叫びのように聞こえた。

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

さらに「バンドがでかい音を鳴らせば、そこがライブハウス!」とメッセージから、「3minutes」へ。コロナ禍の自粛期間中に生まれた新曲で、ライブシーンでの三密をテーマにしたライブ賛歌だ。もちろん観客はみんな、その場から動かず楽しんでいるのに、フロアがもみくちゃになっているように感じるほどの熱量が渦巻く。生きてる実感湧きまくり、代えのきかないライブならではの瞬間の連続に身を任せ、全身全霊で衝動や日々の鬱憤を音に昇華させる。

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

「おいしい怪獣」で分厚いバンドサウンドをぶつけ、最後にヨコタが主催のFM802に感謝を伝える。「今日来れなかった人たちにも、伝えてください。キュウソネコカミ、元気にしてましたって。また会いましょう!」と、「ハッピーポンコツ」でピースフルでハッピーな大団円へ。これぞキュウソネコカミというロックバンドの生き様を見せる、優しさと強い覚悟に満ち満ちたステージだった。

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

取材・文=大西健斗 撮影=ハヤシマコ