15th Anniversary Live at Blue Note Tokyo  2021.4.2

ブルーノート東京でやるライブ、と聞いて大方が想像する内容とは全然違うライブをやってのけた。名門ジャズクラブで行われた、LEGO BIG MORLの結成15周年イヤーの幕開けを飾る2DAYS。

たしかに、カナタタケヒロ(Vo/Gt)がこの日のために特訓した鍵盤の弾き語りが披露されたり、サポート・ヴァイオリンとして吉田翔平が参加していたり、あるいは普段よりはミドルテンポ以下の曲の割合が多かったりという特別感もあった。が、観ている最中に味わう興奮や観終えて残る余韻は、ライブハウスのそれに限りなく近いものだった。

まず、各種イメージ映像やリアルタイムのステージの様子、その両方のミックスなど、様々な映像が背後のスクリーンに投射される演出に驚く。照明の派手さや光量に関してもこういった会場で行われるライブの範疇を超えていた。アコースティック寄りにアレンジすることはなく、音もデカい。ステージがあまり大きくない上に5人も立っているからギュウギュウだが、タナカヒロキ(Gt)を筆頭に魅せるアクション、プレイも忘れない。結果、終盤には曲中アドリヴで立ち位置を変更、タナカとヤマモトシンタロウ(Ba)がコミカルにコーラスマイクを奪い合ったりした挙句、シールドが絡まりまくるという微笑ましいシーンも生まれることになる。

特定の作品のリリースツアー等ではないため、セットリストは自由度が高いものに。「次は何が来るのか」というワクワク感に加え、先述したピアノ演奏やヴァイオリン参加による原曲とのアレンジの違いなど、年季の入ったファンにはたまらないポイントがたくさんあると同時に、仮にこの日初めて彼らを観た観客がいたとしても、ちゃんと彼らのストロングポイントが伝わるライブでもあったと思う。実際、レゴの既存ファンではない、ブルーノートの常連客もいて、1st、2nd共に観ていったようだし。

筆者が特にヤラれたのは、「バランス」「end-end」あたりの、比較的淡々と推移していきながら爆発力を溜め込んでいくタイプの曲だった。「バランス」はカナタの低音ボイスやクリーンな音色のギター、整然と8ビートを刻んでいくリズム隊による絶妙なアンサンブルが、曲が進むにつれ大きな上昇曲線を描いていく様が見事。客席から起こった手拍子がダンスミュージック的側面をより浮き彫りにし、メロディアスなギターソロも良いアクセントになっていた「end-end」と、その一つ前の「Ray」はカナタの鍵盤演奏も見どころで、なんだか人柄がにじみ出たような、どこか素朴でまっすぐな力強い音色を響かせてくれた。あとカナタに関しては、全体的に歌声の調子も相当良かったように思う。

「ライブでけへん鬱憤を、勝手に爆発させていいでしょうか?」

タナカの煽りから突入したのは「真実の泉」。擦り付けるようなピッキングによる金属的でタフなベースライン、身体をくの字に折り曲げ頭を振りまくりながら歪音を撒き散らすタナカのプレイ、轟音の向こうから鋭く貫いてくるヴァイオリンの響き、そして各楽器が音色をぶつけ合うような圧巻のアウトロ――。あまりにも“非ブルーノート”な、会心の演奏だ。フロアを踊らせたり発声を促すようなタイプではなく内向きな爆発力を持ったこういう曲こそ、コロナ禍のライブ環境にあってもロックの醍醐味を味わうことができるという点で、存在価値が高い。

説明不要のド名バラード「あなたがいればいいのに」をじっくりと届けてから、15周年スタートにあたっての決意を表明したあと、とても15年もやっているとは思えないグダグダなやり取りの末にカナタがメンバー愛(?)を叫ぶ一幕を挟み「RAINBOW」へ。華やかでダンサブルなサウンドが醸し出す祝福感が会場全体を満たす光景はまさにクライマックス。だが、これでライブは終わらない。バンドの最新モードが表れた曲であり、ライブ初披露となった「潔癖症」が満を持して投下された。

この「潔癖症」しかり冒頭にやった「気配」しかり、音源の時点では打ち込みやシンセサウンドなど、いわゆる“バンドミュージック”にとどまらない意欲的なアプローチに耳がいく近年の楽曲だが、これがライブで化けるのなんの。同期を最低限にとどめた生音主体で構築されており、レゴ史上でも屈指であろう高BPMで吉田昇吾が叩き出すビートに、ギターもベースも歌も前のめりに乗っかっていくアグレッシヴな演奏は、なんならこの日一番狂ってロックで若々しい瞬間だったかもしれない。

ちょっと背伸びしたけど、ちょっとでもこのステージが似合うようになっていたら嬉しい――。15年やった結果、ブルーノートに立つ日を迎えたことについて、タナカがそんな風に言っていた。たしかに、5周年や10周年の段階では成しえなかっただろうし、仮にやれてもこの日のようなライブにはならなかっただろう。そういう意味では間違いなく、15年も続いてきたバンドが示したひとつの到達点ではあった。ただし、どうやらそのバンドはまだまだ色々なことを成し遂げていきそうなんである。そう確信できたことが、このライブ最大の収穫だったかもしれない。

取材・文・撮影=風間大洋