2021年9月日生劇場(東京)、10月上旬フェニーチェ堺 大ホール(大阪)にてミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』が日本版演出・日本人キャストで上演されることが決定した。

世界的に有名な未解決事件として恐れられた殺人犯・通称“ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)”。19世紀末に英国ロンドンで発生したこの猟奇連続殺人事件をモチーフに、チェコ共和国でミュージカルが創作された。このミュージカルを原作に韓国独自のアレンジを施したミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』は2009年の初演以来多くの観客に愛される大人気演目となった。日本版の演出は、常に時代と向き合い多様な作品を手掛け、KAATの芸術監督も務めた白井晃。繊細な解釈と多彩な表現の中で人間を描き、音楽にも造詣の深い白井が、作品の新たな魅力を引き出す。


キャストは、純真なエリートだが闇に堕ちていく外科医ダニエル役にミュージカル作品での活躍が目覚ましく、昨年は白井演出のストレートプレイに主演するなど活躍の幅を広げている木村達成。そして、映画「ハリー・ポッター」シリーズのハリー役をきっかけに声優として活躍、同時に様々な舞台で俳優としても注目を集める小野賢章。

繊細な心を隠し荒ぶりながらも正義のため孤高に生きる刑事アンダーソン役と、市民を恐怖に陥れる連続殺人鬼であり謎の復活を遂げる通称“切り裂きジャック”役を韓国で本作を観劇しいつか日本で演じたいと熱望していた加藤和樹が、回替わりで務める。今やミュージカル界に欠かせない俳優となった加藤が、白井演出の元で二つの顔を見せる。アンダーソン役のWキャストは、アーティスト活動と並行し俳優としても舞台・ミュージカル、そしてテレビドラマと活躍の幅を広げている松下優也。ジャック役のWキャストは、ソロアーティストとして活動しながらその表現力をミュージカルでも発揮している堂珍嘉邦(CHEMISTRY)。

ダニエルとの愛が悲劇を生んでしまう娼婦のグロリア役に、アーティストとして日本のみならず海外でも人気を誇り、ミュージカル『生きる』で二役を務めた際にはその表現力が注目を集めたMay’n。アンダーソンと想いが行き違う娼婦ポリー役に、圧倒的な歌唱力と存在感でシンガーとしてもミュージカル界でも活躍するエリアンナ。

そして、スクープのためならどんな手段も厭わず事件を追う新聞記者モンロー役はクラシックからミュージカルの世界に入り、数々の名作で歌い演じてきた田代万里生。これまでにないアクの強いくせ者を演じる。

演出の白井晃およびキャスト6名よりコメントが到着した。

■演出 白井晃

韓流ミュージカルのヒット作を、日本版として再創造できることに喜びを感じています。19世紀ロンドンで起こった猟奇事件は、私たちの心の中にある闇を浮き彫りにするかのようです。その部分に光を当てることで、改めて人の本質とは何かを考えさせてくれます。今回のカンパニーに参集したキャスト・スタッフとともに、新しい『ジャック・ザ・リッパー』が生まれるべく全力を尽くしたいと思います。

◆ダニエル役 木村達成

ダニエルのような、罪を犯してしまうほどの愛を、ぼくはまだ知らないように思います。
白井晃さんのもと、共演者、スタッフの皆さまと共に粉骨砕身取り組み、豊かな作品を創りたいと思います。また、日本版の初演という事でとてもプレッシャーを感じておりますが皆様応援よろしくお願いします!

◆ダニエル役 小野賢章

世界的に有名な未解決事件の犯人“ジャック・ザ・リッパー”。未だ謎の多いこの事件を基にしたミュージカル、その日本人キャストとして選んでいただきとても光栄です。僕自身は今、楽しみと緊張が入り混じった状態です。つまり早く稽古がしたい!世界観にどっぷり浸かって行きたいと思います。そして、無事に初日を迎えられるよう頑張ります。劇場でお会いしましょう!

◆アンダーソン役/ジャック役 加藤和樹

韓国でこの作品を観て、その世界観、音楽、芝居に圧倒されたと同時に、この作品を日本版でやりたい!と強く思いました。素晴らしいキャスト、そして演出は自分にとっての演劇の師である白井晃さん。今回、僕はアンダーソンと切り裂きジャックの2役を演じます。
対の存在である2役を演じるのは簡単なことではありませんが、白井さんのもと、どこまでも挑戦していきたいと思っています。ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』ご期待ください。

◆アンダーソン役 松下優也

今回のお話を頂いた時、面白そうだと思い、すぐに出演を決めました。
アンダーソンという役を全力で全うし、素敵なキャストの皆さんと共に
最高の『ジャック・ザ・リッパー』をお届け出来るよう頑張ります!

◆ジャック役 堂珍嘉邦

この秋、日本演出版、日本人キャストとして初演する『ジャック・ザ・リッパー』
今回“ジャック”というヒールキャラクターを演じる事にワクワクしています。19世紀末に英国ロンドンで実存した怪事件が“ミステリーミュージカル”として、白井晃さん演出により、どんなストーリー展開になるのか? ぼく自身がどんな表現に挑戦出来るのか?“狂気”を演じる事にゾクゾクしています。是非劇場でご覧ください。

◆モンロー役 田代万里生

この物語のキーパーソン。常にカメラをぶらさげ、刑事アンダーソンの秘密を握り彼を追いつめながらも、危険な取引をして殺人事件の真実究明と自己の名声の為にどんな手段も厭わない、ロンドンタイムズ紙の新聞記者・モンローを演じます。犯人を紙面で『ジャック・ザ・リッパー』と初めて名付けた人物。自らこの物語全体を大きく動かし、さらには個人的にはこれまで全く演じたことがないタイプの【くせ者キャラクター】。日本人キャストによる今回の歴史的初演を、どうぞお見逃しなく!

あらすじ

1888年ロンドン。
刑事のアンダーソン(加藤和樹・松下優也)は、娼婦だけを狙う“ジャック・ザ・リッパー”と呼ばれる殺人鬼(加藤和樹・堂珍嘉邦)を追っていた。残忍な犯行で解決の糸口も見えないため、マスコミを排除し非公開で捜査を進めようとする。 しかしロンドンタイムズ紙の記者、モンロー(田代万里生)はスクープ記事のネタを狙って アンダーソンに近づく。 モンローは、麻薬中毒者で金が必要なアンダーソンの弱みにつけこみ、情報提供の取引に応じさせてしまう。

4度目の殺人現場で、アンダーソンの前に「犯人を知っている」と告白する男が現れる。「そいつの名前はジャックだ」と。 彼は、7年振りにアメリカからロンドンにやってきた外科医ダニエル(木村達成・小野賢章)。 7年前、ダニエルと元娼婦のグロリア(May’n)はジャックと出会っていた。

犯行が重ねられ事件は混迷を極めていく一方。 アンダーソンはダニエルの自供に基づき、おとり捜査を計画するが、ロンドンタイムズ紙は “ジャック・ザ・リッパー”の殺人予告記事の号外を出してしまう。アンダーソンと彼のかつての恋人だったポリー(エリアンナ)までもが事件に巻き込まれる。

果たして、殺人鬼“ジャック・ザ・リッパー”の正体とは…?
そして、本当の目的とは…?