藤原竜也が主演、柄本明は演出と出演を務め、松井周の書き下ろし脚本で話題沸騰となった『てにあまる』。2021年1月5日(火)に生中継した舞台を、WOWOWで4月18日(日)午後3時から放送する。藤原、柄本のファンのみならず演劇ファン待望の日を前に、藤原と柄本のインタビューが到着した。1月8日(金)の舞台を終えた後の2人に、お互いのイメージ、台本の印象などを直撃した。

本作はある家族を描きながら、人間という動物のあらがえない欲望を見つめるサスペンスドラマ。脚本は、2011年に岸田國士戯曲賞を受賞し、主宰する個人ユニット、サンプルで活動する劇作家、松井周による書き下ろし。柄本も大きな信頼を寄せる松井独自の視点で、“どのような人間関係も、それぞれがオリジナルでしかない”という真理をあぶり出す。
自身の劇団で数多くの作品の演出を手掛けている柄本が演出を担い、出演者としても、その才能を認めた藤原と親子を演じ、心理的戦いを繰り広げる。そして、俳優として成長を続ける高杉真宙、本作が舞台初出演となる佐久間由衣と、若手実力派キャストも顔をそろえる。確かな演技力を持つ4人の役者が織り成す、濃密な会話劇に期待してほしい。

【藤原竜也&柄本明インタビュー】

ーーお互いの印象をお聞かせください

柄本:(舞台での共演は)これで2度目です。演出は初めてですけど。

藤原:(柄本さんはけいこ場を)面白そうに見ていましたよ。演出して視界を広くして自分も出るというのは僕もやったことないし、大変なことやっているなと思いながら柄本さんのことを見ていました。楽しかったです。

藤原竜也

藤原竜也

ーーけいこ場の雰囲気はどんな感じでしたか?

藤原:柄本さんの演出は、的確にというか、自分が芝居的にはしってしまったり勢いづいてしまった時にうまく修正してくれますし、難しい台本だったので柄本さんが僕ら役者を救ってくれた感じです。この難しい本に対して、俳優という立場で僕らを導いてくれたのはうれしかったです。

柄本:難しい本でした。(藤原を指して)この人で救われましたよ。この人じゃないとダメだったね。とにかくスピードがある。藤原竜也という人を見ていて思うのは、「あ、藤原竜也なんだな」ということがものすごく刻まれます。

柄本明

柄本明

ーー本作は松井さんの書き下ろしです。台本を最初に読んだ時の感想は?

柄本:松井さんとは初めてで何度も話したし、うちのけいこ場にも来てもらい芝居も見にきてもらいました。僕はいつもそうなのですが、人が書いているものだからわからないですよ。それは、松井さんの本でなくても。それと、スマートフォンが芝居に出てくるとか世代を感じたかな。

ーーお気に入りのシーンやセリフは?

藤原:僕が最後に柄本さんにスマートフォンを渡すとき、心の中で「今日も1日終わりました」と言っていました。そこですね。

柄本:まだまだ僕なんかせりふが言えていない感じだから、たまに何回かやっていて自分が思わなかった声に出会うとうれしいですね。