2021年6月1日(火)〜6日(日)に東京国際フォーラム ホールCにて『セルゲイ・ポルーニン SACRÉ 「春の祭典」・ラスプーチン』の開催が決定した。本公演は2020年5月14日(木)、15日(金)に上演を予定していた作品の延期公演となる。

『セルゲイ・ポルーニン SACRÉ「春の祭典」・ラスプーチン』は、セルゲイ・ポルーニンによる初の日本単独公演。6月1日(火)〜3日(木)の4公演は、“なぜ善人が悪行を働くのか?”をテーマに、振付師ロス・フレディ・レイの視点から描いた『Fraudulent Smile〜偽りの微笑み〜』と、大石裕香が演出・振付を手掛ける、ロシアの伝説的なバレエ・ダンサーで振付師のヴァーツラフ・ニジンスキーの最高傑作を解釈した『Paradox & Sacré〜パラドックス & サクレ〜』の2演目を同時上演。4日(金)〜6日(日)の4公演は、ポルーニンの代表作との呼び声も高く、ロシアの“狂僧”ラスプーチンを題材にした『Rasputin 〜ラスプーチン〜』を上演する。

チケットは4月10日(土)12:00よりイープラスにて最速先行受付を開始。3列目以内の座席の確約と、ポルーニンのサイン入りプログラムが付いたプレミアムシートをはじめとする特別なチケットも販売される。

『セルゲイ・ポルーニン SACRÉ 「春の祭典」・ラスプーチン』

『セルゲイ・ポルーニン SACRÉ 「春の祭典」・ラスプーチン』

■振付家・大石裕香よりコメント 

Paradox & SACRÉ の制作を始めてキャスト選びに悩んでいる中、その少し前に初めて出会ったセルゲイの存在を思いだし、彼ならこの作品のテーマであるニジンスキーのスピリットを描き出せるのではないかと思いオファーしました。 
世界のトップバレエダンサーであるセルゲイですが、実際会ってみると普段はとてもシャイで純粋でおごらない 好青年です。そんな彼がひとたびダンスのことになると、とてつもない集中力を発揮します。そんな時はまるで 何かに乗り移られているような動きをすることが多々あり、そのたびに「これが天才というものか」と実感します。 
SACRÉ はニジンスキーや彼が生きた時代をテーマにしているので、バックグラウンドを知っていたほうがスト ーリーとしてお楽しみ頂けるかもしれません。ですが、私はお客様には難しくストーリーを“理解”しようとするよりは、心と感覚で “感じて、”そしてダンサー達が生で踊っているその空間を、パフォーマーとお客様が一体となって“共有”し、お楽しみ頂けたら嬉しいです。