2021年7月15日(木)〜18日(日)CBGKシブゲキ!!にて、s**t kingzのkazuki&NOPPOによる『お前、だれ!?』が開催されることがわかった。

s**t kingz(シットキングス、通称:シッキン)は、ダンスだけでストーリーを表現する"無言芝居"の全国公演や、J-POP・K-POPの著名アーティストの振付で全国にファンを拡大し続け、近日ではテレビ朝日「MUSIC STATION」にダンサーとして単独出演したことで話題を呼んだ、世界的に活躍する4人組ダンスパフォーマンスグループ。そのメンバーであるkazuki(かずき)とNOPPO(のっぽ)が、この度、異色のチャレンジを行う。

「生まれ変わったらお笑い芸人になりたい」と明言するほどのお笑い好きのkazuki。そしてs**t kingzメンバーの中でも飛び抜けた天然キャラのNOPPO。幼馴染の彼らは、お互いの長所や短所を完璧に知り尽くした間柄。そんな2人が、ペアで単独公演に挑戦するのは、一緒に踊り始めて21年目で今回が初。体で表現するダンスと、言葉で魅せるコントを掛け合わせた全く新しい新感覚のエンターテイメントを本公演で披露する。

舞台は、無人島。漂流した記憶喪失の2人の、記憶を探るドタバタコメディ。脚本を手がけるのは「キングオブコント2013』で優勝した、実力派コント師のかもめんたるの岩崎う大。芸人としてはだけではなく『世にも奇妙な物語』『監察医朝顔』のスピンオフ「森本刑事のオジさん監察日記」の脚本を務めるなど、作家としても勢いに乗る岩崎う大が初のダンス×コントの世界を手がける。さらに、監修には数々のバラエティ番組を手がけてきた、竹内誠(フジテレビジョン)を迎え、ダンスとお笑い各界のスペシャリストが集った異色すぎるコラボによる公演となる。


岩崎う大  コメント

今回コント台本を書いて欲しいという依頼のもと、kazukiさんとNOPPOさんとお会いしたんですが、二人の熱意がとても高くて、嬉しくなりました。しっかりお笑いをやりたいという強い意志を共有させていただき台本を書かせてもらいまして、後は、ジャンルは違えど一流パフォーマーのお二人ならとても素敵な舞台に完成してくれると信じております。お二人ならではの体を使ったコントも作りましたし、またお二人に丸投げの部分もあります。チャレンジングな夏になること間違いなしですね!客席で観るのが今から楽しみです!

竹内誠  コメント

2019年。
カズキさん、ノッポさんとは27時間テレビ『ダンスができない7先生』で出会いました。
2020年。
岩崎う大さんとはドラマ監察医朝顔のスピンオフ脚本で出会いました。
そして2021年。
まさか、ダンスと舞台脚本のトップランナーである3人と『お笑い』ライブの舞台を作ることができるとは!!

15年間、舞台の演出をしてみたいと会社に提出し続けた夢が、3人の新しい才能のおかげで叶いました。
ありがとうございます!

2022年。
この夢、見続けられますように。

kazuki(s**t kingz) コメント

kazuki

kazuki

思い立ったのは約2年前。ついに実現です。想像できないからワクワクする!エンタメってそーいうもんでしょ!生まれ変わったらお笑い芸人さんになりたい!その夢を少し叶えるべく、チャレンジします。

NOPPO(s**t kingz) コメント

NOPPO

NOPPO

ある日カズキから、お笑いがやりたい!!と言われ、もともと漫才やコントを見るのは好きだったけど、まさか自分がやる日がくるとは!と、今はまだ想像がつきません(笑)見たことも経験したことのない挑戦だらけで人生で1・2位を争うくらい不安ですが、今回は「かもめんたる」のう大さんにお力を借り、新たな一歩を踏み出せるように、全力で魂こめて楽しみながら頑張ります!!