2021年6月6日(日)〜6月22日(火)新国立劇場 中劇場、6月26日(土)〜6月27日(日)クールジャパンパーク大阪 WWホールにて上演される、舞台『夜は短し歩けよ乙女』。本公演のメインビジュアル&配役が発表された。

本作は、累計発行部数160万部を記録している森見登美彦の人気小説「夜は短し歩けよ乙女」(角川文庫刊)を舞台化するもので、脚本・演出を劇団「ヨーロッパ企画」代表の上田誠が務める。すでに「先輩」役を中村壱太郎、ヒロイン「黒髪の乙女」役を久保史緒里(乃木坂46)が演じることが決定していたが、この度、その他の出演者及び配役が解禁された。

「先輩」中村壱太郎

「先輩」中村壱太郎

「黒髪の乙女」久保史緒里(乃木坂46)

「黒髪の乙女」久保史緒里(乃木坂46)

先斗町界隈では有名な超お金持ちの謎の老人「李白」役を竹中直人が、宴会に紛れてタダ酒を飲むことが得意な大酒飲みの美人歯科衛生士「羽貫」役を鈴木砂羽が演じる。

さらには、願いごとが叶うまでパンツを穿き替えないと誓った大学生「パンツ総番長」を玉置玲央が、男にしておくにはもったいないほどの美貌の持つ、女装が趣味の「学園祭事務局長」役には白石隼也が、「乙女」たちが潜り込んだ詭弁論部の送別会で好きな人が好きな人と結婚し嘆いていた「高坂」役を尾上寛之が務める。このほかにもヨーロッパ企画劇団員や本公演常連キャストも大集合で、劇団ファンにも嬉しい布陣となる。

なお、公式ホームページではそれぞれの配役と個人扮装ビジュアルも順次公開されるので、チェックしておこう。