品川プリンスホテル クラブeXで好評上演中の舞台『「錆色のアーマ」外伝 -碧空(あお)の梟-』にて、孫一役・佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)、織田信長役・増田俊樹の映像出演が解禁された。

本作は、まず舞台版が生まれ、そこから様々なメディアミックス展開を図っていく逆2.5次元とでもいうべき、前代未聞のプロジェクトとして、2017年6月に舞台版からプロジェクトを始動した「錆色のアーマ」シリーズ初の外伝。出演解禁にあたり、佐藤、増田よりコメントが届いた。

孫一役・佐藤大樹 (EXILE/FANTASTICS from EXILE)コメント

佐藤大樹 (C)「錆色のアーマ」プロジェクト

佐藤大樹 (C)「錆色のアーマ」プロジェクト

「錆色のアーマ」繋ぐ 公演から 早 2 年、スピンオフ作品となった今作にも映像出演という形で戻ってくる事が出来ました! 孫一のいない雑賀衆。今回から登場する新たなキャラクターにも大注目です! いつかまたお頭の銃声が鳴り響きますように…!!

織田信長役・増田俊樹コメント

増田俊樹 (C)「錆色のアーマ」プロジェクト

増田俊樹 (C)「錆色のアーマ」プロジェクト

2年ぶりに、映像出演ではありますがアーマの世界に戻ってきました。初めて客席から観させていただきましたが、歳月を感じさせない出演者達の熱を感じました。ライブパートなどもあり、錆色のアーマの可能性は尽きないんだなと、驚きました。まだまだ、彼らの旅は始まったばかり。錆色のアーマを、みんなで繋げてください!

◆「錆色のアーマ」とは
漫画・アニメ・ゲームなどを原作とした“2.5次元舞台”。その流れとは逆に、まず舞台版が生まれ、そこから様々なメディアミックス展開を図っていく“逆2.5次元”とでもいうべき、前代未聞のプロジェクト、それがこの「錆色のアーマ」。
戦乱の世を舞台に、天下統一を夢見た男たちが、企み、惹かれ合い、裏切り、葛藤するそれぞれの生き様を描き出す、実際の史実に基づいた、完全オリジナルストーリー。
2017年6月に舞台版からプロジェクトを始動し、2019年1月にはプロジェクト第2弾としてKADOKAWA「月刊コミックジーン」にてコミカライズの連載がスタート。2019年6月には、続編となる「錆色のアーマ」-繋ぐ-が上演され、同時にプロジェクト第3弾としてアニメ化が決定。今後のさらなる展開に期待が寄せられている。
此度は「錆色のアーマ」初となる外伝。新たな“巡り合わせ”の物語が今、幕を開ける―