WOWOWにて、劇団☆新感線のいのうえひでのりがおくる、大人のおとぎ話『浦島さん』と人間のさがを描く究極のエンターテインメント『カチカチ山』を、6月と7月に2カ月連続で放送することがわかった。

「『髑髏城の七人』Season月」で主演の捨之介を演じ満員の観客を熱狂させた福士蒼汰と宮野真守がそれぞれ「『浦島さん』『カチカチ山』の主演を務める。

『浦島さん』  撮影:田中亜紀

『浦島さん』  撮影:田中亜紀

『カチカチ山』  撮影:田中亜紀

『カチカチ山』  撮影:田中亜紀

太宰治の短編をもとにコロナ禍の現代を映した新作舞台、ヴィレッヂプロデュース2020 Series Another Style『浦島さん』。脚色は、二重三重の劇構造の中に真実を構築する倉持裕。“外に出ることなくこもっていた自粛期間”と“竜宮城”、“⼀瞬にして日常が変わった今”と“様変わりした元の街にたたずむ浦島”とを掛け合わせた。日常の世界から切り離され、様変わりした元の街にたたずむ浦島がした究極の選択とは!?

『浦島さん』  撮影:田中亜紀

『浦島さん』  撮影:田中亜紀

『浦島さん』  撮影:田中亜紀

『浦島さん』  撮影:田中亜紀

そして、いのうえひでのりが「決してエンターテインメントを諦めない!」という決意で“今ならでは”の2人芝居への挑戦をした、ヴィレッヂプロデュース2020 Series Another Style『カチカチ山』。

『カチカチ山』  撮影:田中亜紀

『カチカチ山』  撮影:田中亜紀

『カチカチ山』  撮影:田中亜紀

『カチカチ山』  撮影:田中亜紀

「密にならない最少規模の公演と銘打っていますが、僕自身としては結果的には過去最大のチャレンジとなっています」と語るのは、主演の宮野真守。宮野と共演するのは、乃木坂46の1期生として活動、昨年春卒業した井上小百合。本作では、太宰治の短編『カチカチ山』をもとにストーカーとなった男とドSな少女の駆け引きを描く。人間の心のひだを書かせたら日本一と称される青木豪が台本を書き、2人芝居とは思えないエンターテインメント色豊かな演出で人間の心の闇と愚かしさ、残酷性を際立たせ「人を好きになってしまうこと」「夢を諦めないこと」とはどういうことなのかを浮き彫りにする。