小柳ゆきの全楽曲が、本日2021年4月28日(水)より各音楽サブスクリプションサービスにて全世界へ向けて一挙配信開始となった。

1999年9月15日、17歳の現役高校生シンガーとして「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜」でデビューした小柳ゆき。2019年にデビュー20周年を迎え、デビュー曲の作曲を手掛けた中崎英也との20年ぶりのタッグで同年9月にリリースした「Prelude」や、2020年7月にリリースした13年ぶりのオリジナルアルバム『SPHERE〜球宇宙〜』はいち早く、サブスク配信がされていたが、ワーナーミュージック・ジャパン及びユニバーサルミュージック時代の全音源がサブスク配信解禁となる。

ワーナー時代の代表曲としては、デビュー曲にして、45週連続チャートイン&2000年カラオケ年間ランキング2位&紅白初出場の大ヒット曲「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜」、4th 両A面シングルの「愛情」や「can't hold me back」、初のシングル・チャート1位を記録した「be alive」(5th シングル)等がある。ユニバーサル時代の代表曲は、「we can go anywhere」(21st シングル)、「Believe in yourself」(23rdシングル)、「ジェットコースター」(24thシングル)、「ひまわり」(25thシングル)等がある。

また、MVもワーナー時代のフルMV全18曲をYouTubeも含め全解禁、ワーナーミュージック邦楽公式TikTokでも「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜」、「愛情」、「be alive」のMVが初公開。ユニバーサル時代のMVも「ひまわり」は4月28日配信、他のMVは5月19日配信となる。

なお、小柳ゆきは明日4月29日(木・祝)、『SHOW-YA PRODUCE『NAONのYAON 2021』(無観客配信ライブ)に出演。コロナ禍のため全公演延期となった20周年ツアーを9月18日(土) 広島県・三原市芸術文化センターポポロより全8都市8公演を開催する。

■小柳ゆきコメント

新しく私の曲に出会ってもらったり、振り返る事を忘れていた当時をこっそり思い出したりしながら聴いてもらえたら嬉しいです。