2021年6月19日(土)〜20日(日)品川区スクエア荏原ひらつかホールにて、『BLACK&SHADOUWSブラックアンドシャドウズー高汐巴一人舞台―』の上演が決定した。

元宝塚歌劇団花組トップスターの髙汐巴による一人芝居で、演出家・髙平哲郎が作・演出を手掛ける。

今回一人芝居に挑む髙汐は、1983 年に宝塚歌劇団・花組でトップスターに就任。『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』などの話題作をはじめ、『ガイズ&ドールズ』などの海外ミュージカルが頻繁に上演されていた時代に、主演公演すべてが髙汐のために書き下ろされた作品であること、また代表作である『琥珀色の雨にぬれて』は今もなお、幾度となく再演されている ことから、髙汐の存在、その魅力は、唯一無二と言ってもいいだろう。
そんな髙汐が、芸能生活50周年を目前に控えた今、放送作家としてこちらも唯一無二の存在である髙平と初めてタッグを組んで作品を創り上げる。
第1部は『黒い鷲』『リヨン駅』等の歌で知られるシャンソンの女王と呼ばれたバルバラ。1930年、ユダヤ人として生まれ、ナチス占領下のフランス各地を逃げまどい、放浪し、苦難のなかからシャンソン歌手として成功する。その波乱の人生を綴った未完の自伝『一台の黒いピアノ』。この自伝をもとに、自らの辛すぎる過去をピアニストに語りながら、想い出の歌を歌うバルバラになった髙汐の一人芝居。第2部は髙汐巴「黒と影のブルース」オン・ステージとなる。

髙汐巴プロフィール

京都府出身
1972年 宝塚歌劇団入団 58期  1983年に花組トップスターに就任。
悲劇、コメディー、歴史物など華麗な舞台を演じ切り1987年に退団。退団後は銀座博品館劇場、松竹座、御園座、明治座公演に数多く出演。その他、テレビ、ドラマ、トーク番組、CMなどにも出演し、幅広く活躍。2020年12月には芸歴50周年記念公演Dream Weaver~闇物語~「黒蜥蜴」で 二役を演じ好評を博した。現在、大阪芸術大学芸術学部客員教授。著書に「清く正しく美しく」がある。

脚本・演出:髙平哲郎プロフィール

編集者・演出家 広告代理店、雑誌編集を経てエッセイ執筆、テレビの構成(今夜は最高・笑っていいとも等)や芝居ミュージカルの翻訳、構成演出を手掛ける。著書は多数、近著は「酒と莫迦な日々」(ヨシモトブックス)。