豊永利行が、配信ライブ『表裏一体』を2021年5月1日と3日の2日間開催。本人が作詞作曲した楽曲をメインに構成されたDAY1に続き、5月3日のDAY2では豊永がOP&EDを担当した『DAIROKU:AYAKASHIMORI』(Nintendo Switch/Nintendo Switch Lite)の楽曲や、数々のキャラクターソングを披露した。本稿では、その模様をレポートする。

なお、DAY1は2021年5月8日(土)23:59まで、DAY2は2021年5月10日(月)23:59までアーカイブ配信中。あわせてチェックしてほしい。

豪華なラインナップでお届けするキャラソンライブ

「本日は豊永利行のライブ、表裏一体のDAY2にお越しくださいまして誠にありがとうございます」と、最寄り駅で見かけた駅前のお兄さんの物マネでの挨拶で豊永本人の影ナレが始まったDAY2。DAY1と同じく、アドリブのセッションに合わせてサウンドチェックの時間が設けられた。「色々確認してみてください! (それでもダメなら)あとは、各々でガンバ!」という豊永のコメントに合わせて、視聴者が音量をチェック。



OP映像が明けると、DAY1と同様に青と赤や色々な紗が何層も重ねられたロングシャツで豊永が登場。今回はキャラソンライブということで、眼鏡を外した姿も新鮮だった。ライブの幕明けを飾ったのは、『DAIROKU:AYAKASHIMORI』のオープニングテーマ「妖言」。小暮邦明&矢野奨吾を迎えたDAY1のダンスとはまた一味違うパフォーマンスを披露した。疾走感あふれる和ロックを妖しく歌い、「表裏一体、キャラクターソングDAY! 始まります! もうガンガン行っちゃいますよー!」とエンジンをかける。



2曲目は『ツキプロ』ALIVEの「アイノハナ」。画面にSOARAのリーダー・大原空が登場し、「トップバッターはSOARAのこの曲から! さぁ、みんな!音楽を始めよう!!!」と曲振りをした。和風アレンジされた楽曲が生バンドで披露され、コメント欄には「かっこいい!」と歓喜の声が上がる。豊永の突き抜けるような高音と三味線、エレキ―ギターの化学反応で高まる高揚感。「ワイヤ イエ イエイエ」とコール&レスポンスするシーンで、豊永がカメラに目線を合わせ、アピール姿が印象的だった。

3曲目は『ACTORS』から「アサガオの散る頃に」。麻布汐が「次はこの、麻布汐が歌います! 皆さん、ぜひごゆるりとお聞きください」とご挨拶。三味線の調べに歪んだギターの音が重なる、渋めなアレンジとともに情熱的な歌声がサビへ続く期待感を募らせる。蝉の鳴き声が響くなか、夏空を思わせる爽やかな歌声を響かせた。


DAY2のMCも安定の〇〇ネタでツッコミが殺到!?

2曲続けてキャラソンを披露した豊永は、MCで「トップバッターはSOARAの楽曲で爽やかにドン! っと行こうと思ったけれど、最初から飛ばし過ぎたかな?」と笑顔を浮かべる。DAY1のライブを振り返って「ライブ本編とMCの落差がひどかった」とコメントした。しかし、そんな流れのなか、DAY2のMCで最初に選んだ話題は自宅のトイレ事情だった。

家のトイレで用を足すときに座ってするか、立ってするかバンドメンバーにヒアリングする豊永。座ってする派として「ズボンを全部下ろすと、小だけのつもりだったのに大をしたくなりませんか?」と問いかけると、視聴者のコメント欄には「なんでこのネタを選んだ?」「最低ww」とツッコミが殺到。それに対して「皆さん、覚えてください! これが僕のライブです」とドヤ顔で応えた。しかし、そんな“通常運行”を見せる一方で、豊永は「キャラソンDAYは僕の中でも挑戦の日」と真剣な表情を覗かせた。


続いて披露したのはHoneyWorksから「1%の恋人 feat. 南」。「俺たちって、付き合ったら、結構、お似合いだよな?」と語る南くん。年上の女性に抱く、切ない思いを優しく歌った。続いて『神々の悪戯』の「誓い」では戸塚尊として男らしく力強い歌声を披露。「仕方ねえな…、草薙、俺も歌ってやるから、ちゃんと聞いとけよ」というセリフで空気を一変させると、鍵盤と和楽器に乗せて激しく、時に甘く歌い上げた。「ただお前だけ愛しにく」と鋭い目線でカメラを射抜くと、コメント欄がさらに湧き立った。


すべて自分自身でキャラクターを表現するという挑戦

DAY2のライブでもうひとつの挑戦が、決まった振り付けをつけずにすべて自分自身でキャラクターを表現することと語った豊永。それが一番感じられたのが、6曲目の「硝子の銀河」だった。『魔法少女 俺』の御翔桃拾として「あ……う……うん(頑張って、歌うねの意)……」とステージを上手下手に歩き回ると、直立でマイクを握り一生懸命に歌う姿を表現した。

DAY1のライブ映像をダイジェストで紹介する幕間を挟みつつ、ライブは後半戦へ。


赤をテーマカラーにしたDAY1とは対照的に、青をテーマカラーにしたサックスブルーのジャケット、黒地に紫のオーロラグラデーションの入ったTシャツ姿で登場した豊永。

「次は俺がいこう。このステージが、アイドルの途中……アイチュウである俺のステップアップになるように」と、『アイ★チュウ』御剣晃の「FIX ME」を披露した。コメント欄には「この曲で豊永ファンになりました」「この曲がいちばん好き」という声が殺到。紫の照明の中、「ジッパーを下げたい キミのドレスの」と、ジャケットの裾を掴み挑戦的な笑みを浮かべる豊永。カメラに向かってジッパーを下げる仕草や、「Kiss me more again」で唇に指を当てるパフォーマンスで色気の最大風速を更新していた。


後半戦はさらに加速し、次は『華アワセ』の「胡蝶の夢」。双子の兄弟、阿波花&金時花が登場し、「ふむ、アイドルか…愛い奴よのぉ……金時」「そうじゃのう。さて、ワシらもいくとするかのう、阿波」と掛け合いを見せた。幻想的な楽曲に乗せて、豊永が浮遊感のある儚い歌声を披露すると、「すごい……2人いる!」と見事な歌い分けを絶賛する声が届いた。8曲目は『新テニスの王子様』から、葵健太郎の「最強のHEXAGON」では「ひ、ふ、み、よ、いつ、む、かくかく!」で可愛く手で角を作ってジャンプ。無邪気にステージを駆けまわった。


雰囲気の異なるキャラソンを立て続けに披露した豊永。後半パートのMCで「このラインナップ、すごくない? (歌わせて頂いて)本当にありがとうございます」と関係各所に感謝の気持ちを述べた。各キャラソンに寄せて、当時の思い出を振り返りつつ、「もし今回歌ってほしい曲がセットリストになかった方にも、こんな役をやっていたんだと知ってもらえる機会になったらうれしい」とコメントした。


バンドメンバーの紹介を経て、次の楽曲は『機動戦士ガンダムAGE』から「WANNA BE HOPE」。「フリット・アスノ、ガンダム、出ます!」という名乗りとともに、爽やかなギターチューンに乗せて、少年らしさが溢れる歌声を披露した。続いてライブ本編ラストを飾ったのは、『ディア♥ヴォーカリスト』の「Last Coffee」。モモチが「みんなー!こんばんはー!Veronicaのヴォーカル、モモチでーす。アルバムの宣伝のために、パンダ社長から特別に許可が下りたので、1曲歌いに来ましたー!気に入ってくれたら、是非是非Veronicaのライブにも遊びに来てネー!」」と挨拶すると、青紫の照明に包まれてアンニュイでセクシーに歌い上げた。膝をついて「やさしく 殺して欲しい」と歌うパートからサビに至る爆発力に「生バンド最高!」という声が上がった。

少しでも笑顔を届けるために、表裏一体に込めた想い

アンコールでは「(咳払い)あー、あー、聴こえているだろうか? アンコールどうもありがとうございます。ワタクシ、針宮家嫡男として、立派に勤めを果たさせていただきます! 三毛門先輩、見ていてください!」と、『DREAM!ing』の針宮藤次が登場。


バンドTシャツに着替えた豊永が、大人でジャジーな楽曲「FREEDOM」を披露した。アンコールの2曲目は『夢色キャスト』の「WhisperLand Boys」。橘蒼星の「みんなには忘れないでいてほしい。夢色カンパニーの事。行ってくるよ、響也」という声とともに、オルゴールの前奏が流れると「涙で前が見えない」「忘れるわけない、大好き」という熱いメッセージが。アコースティックギターと共に、豊永が圧巻のパフォーマンスで本編を締めくくった。観客の反応を受け、豊永自身も「『DREAM!ing』と『夢キャス』、どうですか? にくい選曲でしょ?」とコメント。久しぶりに歌う楽曲は、懐かしい気持ちと共に、「こんな感じだった」と親心に近い気持ちになると語った。


ライブも佳境を迎え、「僕は普段あまり表だって発言することが少ないんですけれど」と前置きしたうえで、今の世の中と、その中でエンターテイメントを届ける立場としての想いを語った豊永。

「緊急事態宣言もあり、医療従事者の方を始め、みなさんは我慢をしたり苦しい思いをたくさんされていると思います。そういった皆さんに、少しでも元気になって笑顔をや活力をお届けするためにと思って活動しています。とはいえ、我々がお届けする活力にも限界があるので、国の偉い方たちにはこれを打破できる一石を投じていただけたらうれしいです。今は本当に一つになっていなきゃいけない時代なんじゃないかなと思う」と、力強く語る姿が印象的だった。そして、その熱い思いを歌に込めるように、ラストの楽曲「サクラノタヨリ」を披露。深々と頭を下げると、満面の笑みでステージを後にした。

終演後のスライドに現れたのは「キャラソンPart2、やるかな…? ありがとうございました! 豊永利行」というメッセージ。今回のライブテーマ『表裏一体』、その言葉が示すように「表と裏、どちらの豊永利行も楽しんでほしい」と語った豊永。多面的な魅力と等身大のトークで楽しませてくれるライブ。アーカイブ配信の視聴はもちろん、次回の開催にも大いに期待してほしい。

豊永利行ライブ『表裏一体』DAY2セットリスト

01. 妖言
02. アイノハナ
03. アサガオの散る頃に
04. 1%の恋人
05. 誓い
06. 硝子の銀河
07. FIX ME
08. 胡蝶の夢
09. 最強のHEXAGON
10. WANNA BE HOPE
11. Last Coffee
En01. FREEDOM
En02. WhisperLand Boys
En02.サクラノタヨリ

原稿=本多恵、撮影=池上夢貢