2021年8月に舞台『鬼滅の刃』新作公演、舞台『鬼滅の刃』其ノ弐絆の上演が決定。全キャスト、公演情報が5月10日(月)発売の集英社「週刊少年ジャンプ」にて、解禁された。東京公演、大阪公演、そして東京凱旋公演と前作から規模も拡大して上演する。

本作は、「週刊少年ジャンプ」にて連載されていた、吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の舞台化作品。昨年1月に東京・兵庫にて初演が上演され、剣戟アクションや世界観に寄り添う音楽が話題を呼び、大好評のうちに幕を閉じた。

初演に引き続き、脚本・演出を末満健一、音楽を和田俊輔が手がけ、竈門炭治郎役:小林亮太、竈門禰豆子(※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記)役:髙石あかり、我妻善逸役:植田圭輔、嘴平伊之助役:佐藤祐吾、冨岡義勇役:本田礼生、鬼舞辻無惨(鬼舞辻の「辻」は「一点しんにょう」が正式表記)役:佐々木喜英が出演。

本作より煉獄杏寿郎(煉獄の「煉」のつくりは 「東」が正式表記)役:矢崎広、胡蝶しのぶ役:門山葉子、累役:阿久津仁愛、産屋敷耀哉役:廣瀬智紀らをはじめ、豪華実力派出演者陣が新たに加わり、鬼殺隊最強の剣士"柱"がついに全員集結する。

『鬼滅の刃』とは

「週刊少年ジャンプ」にて2016年11号より連載が開始された、吾峠呼世晴による漫画作品。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、単行本1巻〜23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破。今なお注目を集め異彩を放つ本作。独自の世界観を構築し続け、新たな少年漫画の金字塔として存在感を示している。