女性キャストのみで空想・幻想・現実を描く表現団体 劇団ロオルから派生したLORE.pが、2021年5月12日 (水) 〜5月16日 (日)小劇場 楽園(東京都世田谷区)にて、First project『夜半の月』を上演している。

LORE.pは、俳優・女優という枠に囚われず、自由なカタチで演劇を遊び、文学作品を題材とした創作戯曲や既成の戯曲にロオルならではの視点を持って挑戦する。
脚本・演出は、劇団ロオル主宰の本山由乃が手掛け、出演者は寺田結美、宮本京佳、梶原航、本山由乃、そして本多劇場グループ代表の本多一夫を迎える。

本公演は、公演収録映像が5月16日(日)から配信される。

●あらすじ
女は失踪し、男は彷徨い、女は窓外を覗き続けた。
生きにくさに息苦しくもがき続ける三人は、一体何を求めたのか。
ある夜半、三人は集う。
夜半の月の視線の中、不思議な縁の一夜となるか。
樋口一葉 をモチーフとして現代劇に落とし込んだ。