2001年7月7日から2002年9月28日までTBS系で放送された『ウルトラマンコスモス』の放送20周年記念CD-BOX『ウルトラマンコスモス 20th ANNIVERSARY MUSIC COLLECTION』がCD5枚組で7月21日に発売されることがわかった。

CD-BOXは、劇場版第1作『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』を含む、TVシリーズ放送期間に発売された『ウルトラマンコスモス−オリジナル・サウンドトラックvol.1』、『ウルトラマンコスモス−オリジナル・サウンドトラックvol.2』、『ウルトラマンコスモス−オリジナル・サウンドトラックvol.3』を基にデジタルリマスター。複数曲が1トラックに収録されていた部分を1曲1トラックに再構成した。

CD未収録曲を追加、主題歌や挿入歌のカラオケも

さらに当時CDに未収録だったBGMを追加収録。そして、当時はデビューして間もなかったユニット、Project DMMが歌う主題歌や挿入歌、初商品化のカラオケや挿入歌のインストゥルメンタル(メロオケ)もふんだんに収録する。

5枚のディスクのジャケットのうち4枚は、サウンドトラック Vol.1〜Vol.3とソングコレクションのデザインを使用し、裏面にはシングルのジャケットなどもカラーで掲載。

付属の76Pブックレットには、各サウンドトラック ・アルバムのジャケットにあった記事内容を再掲載。新たに、当時のアルバムの構成・解説・取材記事を作成した秋廣泰生氏と日本コロムビアの担当プロデューサーによる音楽メイキング対談、BGMとヴォーカル曲のレコーディング・データ、音源のリリース・データ等が掲載されるという。

『ウルトラマンコスモス』は『ウルトラセブン』をはじめとして多数の円谷プロ作品の音楽を手がけた冬木透が、『ウルトラマン80』以来約20年ぶりにテレビシリーズの円谷プロ作品のBGMを担当した作品。

冬木透の音楽ファンにとっても貴重なCD-BOXとなりそうだ。